伸ばす、たたく、押す、流すの4つが効く!4STEPマッサージで美腹に| 40代ヘルスケア

押す、たたくなどの簡単メソッドで人気の久優子さんが、マリソル読者のために美腹を作る4 STEPマッサージを考案してくれました

お正月を過ぎてふと見たら、パンツの上にのっかるおなかのお肉がたっぷり! そんな事態に慌てているアラフォー女性に向けて、おなかヤセの達人に、呼吸やマッサージで美腹をかなえる方法を教えてもらいました!

伸ばす、たたく、押す、流すの4つが効果的

"押しやせ”“たたきやせ”などの簡単メソッドで人気のボディメンテナンスセラピスト・久優子さん。 

「おなか太りの大きな原因が、血液やリンパの滞り。これを効率よく解消するために今回考えたのが、伸ばす、たたく、押す、流すという4ステップのメソッド。血液やリンパの流れがよくなって、老廃物や余分な脂肪の排出が促され、すっきりとした美腹に」(久さん)

ボディメンテナンスセラピスト 久(ひさし)優子さん

ボディメンテナンスセラピスト 久(ひさし)優子さん

「美Conscious~カラダ職人~」代表。美脚トレーナー。最新の著書は『最強くびれメソッド 太りぐせ、2週間でなかったことに!』(世界文化社)久さん自身も高校時代の留学を機に激太りするも、押したりたたいたりのマッサージで15㎏減!

血液とリンパの流れを促し、脂肪や老廃物を撃退

おなか太りの大きな原因となる 血液やリンパ液の滞り。

「血液の流れが滞ると代謝が落ち、リンパの流れが滞ると老廃物がたまってむくみます。これらがおなか太りを招くのです。これを効果的に改善するのが久式4STEPマッサージ。

STEP.1は〝伸ばす〟です。ふだんの前かがみ姿勢で圧迫されていたおなかを伸ばすと血液がスムーズに流れるうえ、おなかにたまっていた脂肪も動きやすくなります。STEP.2の〝たたく〟では、硬くなった脂肪をほぐして排出されやすい状態にし、血液やリンパの流れも促します。STEP.3は〝押す〟で、浅部と深部にあるリンパ管を押して刺激しつつ、骨のキワや筋肉を押すことで関節や筋肉を正しい位置に戻し、血液やリンパを流れやすくします。STEP.4の〝流す〟では老廃物を一気にリンパ節に流し、体外に排出。この4つで美腹になるのです。朝昼夜いつ行ってもOKなのでさっそく始めてみて」


■この4ステップで、おなかヤセ!

4STEPマッサージで美腹に_1

ふだん、デスクワークなどで前かがみ姿勢が続くと、おなかが圧迫されて血管やリンパ管が押しつぶされ流れが停滞。まずは体を伸ばして圧迫を解消し、血液やリンパが流れやすい状態に整える。

4STEPマッサージで美腹に_2

たたくと皮膚から伝わる振動で血液やリンパの流れが促進し、関節や筋肉が緩むのでさらに流れがスムーズに。硬くなった脂肪も柔らかくなって排出されやすい状態に。体温も上がって代謝もアップ。

4STEPマッサージで美腹に_3

押すことで浅部と深部にあるリンパ菅を刺激でき、さらに関節や筋肉を押すことでゆがみが改善し、血液やリンパが流れやすく。骨のキワにたまった老廃物も排出されて、むくみが解消しやすくなる。

4STEPマッサージで美腹に_4

STEP.3までで血液やリンパの流れがよくなり老廃物が排出されやすい状態になったので、最後にリンパ節まで押し流して体外へ。余分な脂肪の排出も促進。



【 ケアすべきはココ! 】

4STEPマッサージで美腹に_5

●あばら

老廃物は骨のキワにたまりやすく、おなかまわりでは特にあばら骨(肋骨)の下にたまりやすい。押して血液やリンパの流れの改善を。


●わき腹

わき腹は悪い姿勢などで縮んで硬くなっているので、伸ばしたり、たたいたりして緩めるとくびれができやすい。


●みぞおち

前かがみ姿勢などによって圧迫されやすいみぞおちは、血液やリンパが滞って硬くなりやすいのでほぐして。


●腹部リンパ

おなかにある大きなリンパ節。ここは老廃物がつまりやすいので、たたいたり、押したりしてよく刺激を。


●腸骨内側

腸骨の内側の骨のキワも老廃物がたまりやすい部分。たたいたり、押したりして流れを促進して。

【Marisol 2月号2020年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/相澤とみえ 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking