“じゃがいも”のような顔色もひと吹きで解消! とろとろのミルククレンザー

「桃でも食べた」かのような肌、とビューティエディター・ハラチノさんが褒められたのはこのアイテムのおかげでした

アルビオン
エクシア ミルクリファイナー

 いきなりやってきた"ニューノーマルな生活"のせいで、最近はいつものお友達と誘い合わせて気軽に飲みにいく機会もあまりなく、ちえっ寂しいなあ、と腐る一方、みんながそんな気持ちになってるせいか、少しご無沙汰だった古くからの友人から「どうしてる?」なんていう近況確認の連絡が増えた気もして、それはなんだかうれしいな、と思います。先日も2年くらい会っていなかった地元の友人A子から、「元気にしてる? 私は家時間が増えたせいで、まんまと韓流にハマり、暇さえあれば、カウチポテト(←死語)を決め込み、体重と目の下のクマの激増が深刻デス(笑)」というLINEがピコッとやってきて。長年の韓流好きとしてはこれまで何を言っても一向になびかなかったA子が"韓流沼"に落ちたことにキキキとほくそ笑みつつも、それ以上に本人も「死語」と認める「カウチポテト」という懐かしすぎる言葉の響きに心をもっていかれ。うんうんあったよね、そんな言葉。ソファにゴロゴロとじゃがいもみたいにでれーんとだらしなく転がって、テレビをじっと見続けるさまを表現したアレでしょ。死語ながら、あっぱれな言いえて妙感! と思わず、声に出して笑っちゃったよね!

 が、次の瞬間、かく言う私も、ここ数カ月、特に週末になると、1 歩も外に出ずに、ソファで日がな一日、"じゃがいも状"に転がって、テレビや映画を見あさり、最終的には寝落ちして、お顔も洗わずにフラフラとベッドへ移動、というパターンを飽きもせずに繰り返していることに気づき……。そういえば、たっぷり休んだはずの休日明けなのに、それこそ泥をまとったじゃがいものように、顔色がどんよりと冴えない、ということも多いのはまさにこの「カウチポテト」のせい……?

ということで、このままではいかん! と頭をひねった結果、"おうちエンタメ活動"の最中、肌の乾きや、もやっとした眠気を感じるたびに、コットンに含ませたこちらのミルククレンジングでお顔をクルクルと優しくなでる作戦を決行です。したところ、使うごとに肌がふくふくと柔らかく、明るさを増してきたのはもちろん、ひんやりとろとろのミルクの感触でお脳もいい感じに覚醒されるのか、寝落ちの回数も激減し、結果、お顔の"じゃがいも化"は見事解消の運び。週末のお楽しみを安心して楽しめるようになったのでした。ちなみにA子にもその旨伝えたところ、「エンタメ中のみならず、毎日のケアにも投入したら、お顔がくすまなくなった!」と絶賛の声が。

頻度高めのおうち生活は今後もまだ当分は続きそうですが、やはりスキンケアの基本はいかなる時も"落とすこと"。こんな高パフォーマンスのクレンジングを味方につければ、どんな状況下でもクリアな肌と気持ちが守れると確信です!
アルビオン エクシア ミルクリファイナー
まろやかでコクがあるのに、肌の上で弾けるように広がる、フレッシュで重すぎない絶妙な感触。しっとりとした肌のうるおいはキープしながら、古い角質や毛穴の汚れをしっかりとからめ取るミルク状のクレンジング。コットンに含ませてふき取りクレンズとして使うほか、肌に直接なじませて、ティッシュオフした後、水で洗い流しても。150㎖¥5,500

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!

【Marisol1月号2021年掲載】撮影/国府 泰 

What's New

Read More

Feature

Ranking