冬のおしゃれに欠かせない!ニットコーデ特集

2018年2月3日
ニットを味方にすれば、冬のコーディネートは俄然ラクになり、そして楽しくなる!ニットのコーディネート実例やニットのお悩み解決、似合うヘアアレンジなどをご紹介。

【1】「ニット+とろみ服」で"女っぽい"を楽しむ

柔らかなニットと今季豊作なとろみ素材で、優しく品のある女っぽさを狙って。

◇ゆるニット✕とろみパンツ
今季注目のベロア素材のパンツで、女っぽさも旬度も同時にUP

「新顔とろみ素材」として脚光を浴びているベロアを、定番のニット+ワイドパンツコーデで。ベロアならではの上品な光沢と柔らかな質感が、ふわふわのニットと絶妙にマッチ。シンプルなのにリッチ感もある女らしいスタイルに。

ニット¥79,000・パンツ¥94,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥41,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ダニージョ) メガネ¥27,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(モスコット) バッグ¥22,000/アルアバイル(マニプリ) 靴¥29,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)

◇ロングカーデ✕とろみワンピース

シャツディテールのとろみロングワンピで、きれいめに。

ワンピースのきれいめなテンションに合わせ、ロングカーディガンもボタンなしのガウンタイプを選び、全体的にきちんとした雰囲気に。濃淡のあるグレー同士を合わせた配色も上品。ワントーンコーデの時は、濃い方の色を外側に持ってくるとよりすっきりとした印象に決まる。着やせにも効果的!

ワンピース¥85,000/TOMORROWLAND(エム マルタン) カーディガン¥16,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ビューティ&ユース) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46,000/アルアバイル(ペリーコ)
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/ブレンダ 撮影協力/XEX 日本橋  Marisol2017年11月号

【2】ニットが主役のシンプルコーデ

ハイライズのゆるデニムやミディスカートなど、ボリューミーなボトムとの相性抜群!

<ヴィンテージライクな素材合わせに小物でツヤ足し>
ミドルゲージニットのマットなぬくもりに合わせたのは、今季注目のコーデュロイのミディスカート。ほんのりレトロシックなコンビに、小さめチェーンバッグやパテントパンプスでモダンな女っぽさを足し算。ソックスで素肌をのぞかせるのも今年らしい。

ニット¥28,000/ebure スカート¥18,000/アングローバルショップ 表参道(アングローバルショップ) バッグ¥78,000/八木通商(ジェローム ドレフュス) ソックス¥1,500/シップス 有楽町店(ブリュー フォレ) パンプス¥46,000/アマン(ペリーコ)

<永遠の定番コンビこそ、ディテールの新しさが大切>
ニットとデニムの今っぽさがきわだつ。靴をベージュでハズしたのもポイント。

ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/バロックジャパンリミテッド(ブラック バイ マウジー) ベルト¥42,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥52,000/エストネーション(ジョシュア エリス) サングラス¥34,000/ミス シープ アイヴァン(ギャレット レイト) バングル¥20,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥42,000・パンプス¥46,000/アマン(ペリーコ)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 Marisol2017年12月号

【3】レイヤード強化であったかカジュアルコーデ

インナーを仕込んでも、上からアウターをはおってもすっきり見えるニットコーディネート。

白のタートルニットを重ねて真冬のトラッドに挑戦

ニットONニットの端正なレイヤードが、トラッドブームの今また新鮮。パンツはワイドでなく細身のテーパードを選んで女らしく。

タートルニット¥23,000/ebure カーディガン¥24,000/八木通商(ルトロワ)コート¥49,000/アルアバイル(ロンドン・トラディション) パンツ¥26,000/RHC ロンハーマン(ジェーン スミス) ピアス¥19,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) フラットシューズ¥29,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(チェンバー)

<コーディガンとデニムを重ねて今年らしい長ーいバランスに>

ワンピースにパンツを重ねる着こなしが復活の兆し。トライしやすいデニムとのレイヤードは、冬に映える白のコーディガンで軽やかに仕上げて。

ニットコート¥156,000/アパルトモン 東京店(ローレン マヌージアン) ワンピース¥38,000/オーラリー パンツ¥36,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ストール¥27,000/エリオポール銀座(ベグアンドコー) バッグ¥39,500/エストネーション(アヴェニュー セッサンタセッテ) バレエシューズ¥37,000/スティーブン アラン トーキョー(ローレンス)
撮影/西原秀岳(TENT/物) 渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 Marisol2017年12月号

【4】イベント用にちょっぴり華やかにアレンジ

フェミニンスカートやファーなど特別なアイテムを、ベーシックニットがほどよくリアルに仕上げてくれる!

<ピンクのゆれプリーツの甘さをカーディガンがほどよく中和>

Vネックカーデを一枚で着ると、プルオーバーニットにはないボタンのアクセントがきいて、シンプルな1・2 コーデがぐっと引き締まる。そのうえトラッドな雰囲気がプラスされるから、ベビーピンクのとろみプリーツの甘さが抑えられ、おしゃれ度アップ。

カーディガン¥24,000/八木通商(ルトロワ) スカート¥21,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥165,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥32,000/シップス 有楽町店(アーロン) パンプス¥49,000/アマン(ペリーコ)

<花柄スカートのもつ強さをネイビーニットで受け止めて>

主役感たっぷりのヴィンテージ調花柄スカート。やや難易度の高いアイテムだけど、すっきりタイトなシルエット選びと、ネイビーのモックネックニットのカジュアル感が思いのほか相性抜群!人とかぶらない華やかコーデに。

ニット¥28,000/ebure スカート¥40,000/シップス 有楽町店(エリン) ピアス¥2,800/アナザーエディション ルミネエスト新宿店(アナザー エディション ) バッグ¥18,800/ショールーム セッション(ヤーキ) パンプス¥25,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)
撮影/西原秀岳(TENT/物) 渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子  Marisol2017年12月号

【5】存在感ある着映えニットは、ボトムとの相性で選ぶ!

<パンツ派のふわゆれニット>
着るだけで絵になる、デザイン性の高さに注目

フォルムの美しさに定評のあるエンフォルドのニット。大胆なアシンメトリーに仕立てた主役感たっぷりの一枚は、細身のフルレングスパンツでさらりと着こなして。ミニマムだけど印象的、かっこいい女らしさが手に入る。

ニット¥32,000/エンフォルド パンツ¥26,000(レリタージュ マルティニーク)・ピアス¥32,000(ソフィー ブハイ)/レリタージュ マルティニーク バッグ¥118,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンプス¥49,000/アルアバイル(ペリーコ)

<スカート派のすっきりモヘア>
スモーキーなニュアンスが大人のピンクにちょうどいい


モヘア60%、シルク40%を混紡したハイゲージニットは、しっとりした肌ざわりで着心地最高。

ニット¥30,000/スローン コート(共布ベルトつき)¥56,000(エイクロ)・ブーツ¥85,000(デイビットブーシェル)/プラージュ 代官山店 フレアスカート¥24,000(マルティニーク)・イヤリング¥9,000(アントン ヒュニス)/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店 サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バングル¥19,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) バッグ¥135,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ザンケッティ)
撮影/金谷章平 ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/ブレンダ  Marisol2017年12月号

【6】ニット+パンツの組み合わせを、女らしくアップデート

<動くたびに揺れる袖コンシャスニット>

ふんわりフレア袖をシンプルなスタイリングのポイントに。意外と目立つディテールだから、ほかはシャープにまとめるのが洗練の秘けつ。メンズライクなパンツ、フラットなバレエシューズ、辛口サングラスがニットの女らしさを引き立てる。

ニット¥32,000/ADORE パンツ¥33,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥67,000/フラッパーズ(アロン) バレエシューズ¥15,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

<ビッグニット+スキニーパンツで可愛いバランス>

どうしてもボリュームが出てしまうケーブルニットは、あえて体が泳ぐようなビッグサイズをチョイス。長めの袖やヒップが隠れる着丈が着る人をぐっと華奢に見せてくれる。スキニーボトムで下半身はすっきり仕上げ、全身のシルエットにコントラストをつけてバランスよく着こなしたい。

ニット¥55,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ) デニム¥6,990/リンク・セオリー・ジャパン(プラステ) ストール¥35,000/ebure ブーツ¥38,000/エストネーション(エストネーション)
撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小濱なつき 取材・原文/発田美穂 Marisol2018年1月号

【7】ふんわり優しい雰囲気になれる「ブラウンモヘアニット」

きれい色を受け止める包容力に加えて、いつものベーシックカラーの鮮度を上げる活性剤にもなってくれるのがブラウンという色のすごいところ!
モヘアの素材感とミルクココアみたいな発色が、ふんわり優しい雰囲気のクルーネックニット。シルクを40%混紡することで、しっとりなめらかな着心地を実現。ニット¥30,000/スローン

★こう着る!

<白をプラス!>
ワントーンに白をちりばめた華やぎコーデ

同じ色みのチュールスカートを合わせることで素材のミックス感がきわだち、ワントーンでも立体感が生まれる。パールやバッグ、パンプスで随所に白の明るさとリッチ感を加えれば、どこかクラシックなのに新しい、洗練のドレスアップスタイルが完成!

スカート¥29,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) ネックレス¥74,000/ストラスブルゴ(スティーブン デュエック) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46,000/SHOP Mariso(ペリーコ)
撮影/イマキイレカオリ 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/渡辺佳子  取材・文/磯部安伽  Marisol2017年11月号

【8】体がきれいに見える「ゆる畝ニット」コーデ

シルエットや表情にニュアンスがあるから、一枚で素敵に見える!

<なめらかな曲線を描く袖が女っぽさを引き立てて>

「豊かさ・上質感」をキーワードにしたセレクトショップのオリジナルニットは、素材にまでこだわった一枚。素材がウール50%、シルバーフォックス50%で、見た目だけでなく着心地まで柔らか。さりげない袖のボリュームが今年らしさ抜群。ニット¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)

<長め袖&やや短めの着丈で一枚で完成されたバランスに>

今季デビューの話題ブランド。トレンドに敏感な女性たちに向けた高感度カジュアルなアイテムに注目。ゆったりとした身頃で「ざっくり着られる」気軽さがありながら、縦畝&横畝と、編み方を変えた立体的なつくりと少し短めの着丈で、バランスがきれいな賢才ニット。ニット¥59,000/アマン(アンスクリア)

撮影/菊地 哲(MUM/人物) ヘア/TAKESH(I SEPT Inc.) メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/渡辺佳子 Marisol2017年12月号

【9】誰でも着やすい!きれい色ニットコーデ

「さし色ニット」はきれいめブルー&カジュアル赤で。

<きれいめ派のブルーニット>
ふんわりシルエットをクールな色みが引き締める

質感やシルエットに甘さがあるアイテムは、辛口な色を選ぶのが正解。

ニット¥39,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) スカート¥59,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ピアス¥19,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(フェイ  アンドラーダ) ブレスレット¥28,000/ドゥロワー 丸の内店(フィリップ オーディベール) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ライダースジャケット¥120,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) 靴¥69,000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 表参道店(ペリーコ)

<カジュアル派の赤ニット>
トラッドの王道配色で、小粋なかっこよさを目ざして

ゲージを問わず、おすすめは首のつまったクルーネックタイプのニット。ウールにシルクとカシミアを混紡し、クリアな発色と心地いい肌ざわりを実現。小物も旬度を後押し。

ニット¥24,000/スローン パンツ¥6,000/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) トレンチコート¥85,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥200,000/ミューズ  ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(J&M デヴィッドソン) ベルト¥53,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー ピアス¥4,100/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) バングル¥14,000/UTS PR(ジェーン スミス) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)
撮影/菊地 哲(MUM) ヘア/TAKESHI(SEPT Inc.) メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/渡辺佳子  Marisol2017年12月号

【10】着回しがきくグレーのリブタートルニット

「グレーニット」で冬のコーディネイトが回り始める!
ドゥロワーの名品、カシミアシルクのリブタートルネック。肌ざわりのいい上質な素材で暖かく、体のラインをきれいに見せてくれるのが魅力。さらにすそがもたつかないから、ウエストではくパンツの腰まわりもすっきり。
リブタートルニット¥36,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) パンツ¥59,000/ザ シークレットクロゼット六本木(シクラス) ピアス¥3,600/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル)

★こう着る!

グレンチェックのダブルジャケットのインにも大活躍。チャコールとのワントーンも上品。
リブタートルニット¥36,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ジャケット¥42,000/オーラリー デニムパンツ ¥24,000/UTS PR(ジェーン スミス) メガネ¥39,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バッグ¥35,000/アルアバイル(アベニュー67) ブレスレット¥75,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ) 靴¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/遠藤真稀子(UM) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/渡辺佳子 取材・原文/陶山真知子 撮影協力/プロップス ナウ Marisol2017年12月号

【11】着回し力抜群!「グレー」のゆるタートルニット

いつものコーディネートにマンネリを感じていたら、着こなしに「グレーニット」を1点投入して冬の途中の気分転換を!
肩が落ち、体が泳ぐゆとりのある身頃の一枚。高め&リブのゆるタートルは小顔効果も。濃色にも淡色にも合わせやすい明るいライトグレーで着回しやすい。まずは同系のグレンチェックでシックに。
タートルニット¥41,000/ウィム ガゼット青山店(アンド ドーター) スカート¥39,000/ゲストリスト(ラシュモン) 帽子¥13,000/UTS PR(ルーツ  135) バングル¥6,500/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル)

★こう着る!

ニットを花柄のワンピースにレイヤード。フレンチシックなセンスをひとさじ加えて。
タートルニット/ 同じ ワンピース¥24,000/アルアバイル(バウム・アンド・ヘルガーテン) ピアス¥60,000/ザ・ショーケース GINZA SIX 店(シェイスビー) バッグ¥145,000/シジェーム ギンザ(パコ・ラバンヌ) 靴¥135,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) タイツ/スタイリスト私物
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 坂根綾子(物) ヘア/左右田実樹 メイク/遠藤真稀子(UM/渡辺さん) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/渡辺佳子  取材・文/陶山真知子 Marisol2017年12月号

【12】いつでもおしゃれを託せる!グレーのVネックニットコーデ4選

冬コーデにマンネリを感じた時こそ、私たちの「上品グレー」の出番。この色となら、冬の途中の気分転換が上手に楽しめます!
時に足もとをスニーカーでハズしても、品よく、大人な装いに。
Vネックニット/¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パンツ¥51,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) サングラス¥39,000/オリバーピープルズ  東京ギャラリー バッグ¥15,000/ヤエカ アパートメント ストア(ヤエカ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
ブラックに、ラクーン素材が柔らかなムードとぬくもりを。まさに"上品グレー"の効力。
Vネックニット/¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ジャケット¥89,000/ガリャルダガランテ 表参道店(マーシャー) スカート¥38,000/ハウス オブ ロータス二子玉川店(ハウス オブ ロータス) ピアス¥56,000/ザ・ショーケース GINZA SIX 店(シェイスビー) バッグ¥120,000・靴¥107,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) タイツ/スタイリスト私物
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 坂根綾子(物) ヘア/左右田実樹 メイク/遠藤真稀子(UM/渡辺さん) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/渡辺佳子  取材・文/陶山真知子  Marisol2018年2月号

【13】体の厚みが気になるアラフォーにおすすめのリブニット3選

ムニボディ代表のアラフォー読者ブロガー美女組が試着しました!

■ムニボディさんにおすすめなのは、こんなリブ

□ストライプ見えする凹凸リブ

□線を拾いすぎない柔らか素材

□首もとが大きくあいた抜け感リブ

<縦に切り込むような深Vですっきり見え>

縦型のVあきが抜け感になり、ムニボディをシャープに見せる。薄手の細リブも、軽やかに見せるポイントに。カーディガン¥19,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)

「同じVネックでも、横に広がる浅いVより、縦に深いVのほうがすっきり見えるんだと発見!」(美女組No.69 原崎朱美さん)

撮影/坂根綾子(物) 冨樫実和(人物) ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田めぐみ Marisol2017年12月号

【14】首やデコルテが薄くなった「そげボディ」さんに合うリブニット3選

そげボディ代表のアラフォー読者ブロガー美女組が試着しました!

■そげボディさんにおすすめなのは、こんなリブ

□カットソー見えするほどの極細リブ

□気になる首を覆うタートルネック

□つかず離れずのサイジングリブ

<気になる首・デコルテこそタートルネック>

ネックまわりや肩の部分にさりげなく切り替えが入って、細い首や華奢なデコルテまわりもカバー。ニット¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)

「ニット王道ブランドはさすが!タートルネックはやはり安心感が。伸縮性があってほどよくフィットする細リブも体型に合う!」(美女組No.60 石澤かおりさん)

撮影/坂根綾子(物) 冨樫実和(人物) ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田めぐみ  Marisol2017年12月号

【15】ニットのお悩みを解決!

Q1.深い襟ぐりや透けが気になるニットの時、インナーは何を着ればいい?

「撮影で使うこともある、外に響かない優秀下着や、決して見えない襟ぐりの深さだけど、暖かさもきちんと確保した機能性インナーは、大人が投資する価値あり!です」(スタイリスト・池田めぐみさん)

<前後あきニットの時には・・・>

首まわりが大きくあいた、ブランド最薄・最軽量設計のインナーは、生姜加工&遠赤外放射機能で暖かさも確保し、大活躍必至。インナー¥4,200/トリンプ・インターナショナル・ジャパン(トリンプ)

★着るとこう!

ニット¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス)
撮影/冨樫実和(人物・ケア) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田めぐみ ※クレジットがないものはスタイリスト私物です  Marisol2017年12月号

Q2.タートルネックの日、顔まわりの印象を変えるには?

A.メガネ+カーディガンであえてトラッドに(スタイリスト 松村純子さん)
「メガネ×Vネックカーデが、今、逆に新鮮。ボトムはデニムでハズしたい」。
ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) カーディガン¥24,000/ビームス ハウス  丸の内(ルトロワ) メガネ¥33,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) リング¥4,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス)
A.大ぶりイヤリングで一気に今っぽく(スタイリスト 吉村友希さん)
「顔まわりに足すなら、断然大ぶりのイヤリングが気分。タートルネックと相性が抜群です」。くすみブルーのイタリアンアクリル、クリアストーンが輝く真鍮、大粒のガラスパールが連なったヴィンテージ風のイヤリングは、黒のハイゲージタートルネックニットに足すだけで、一気にモダンなムードに。
イヤリング¥23,000/アデル ビジュー ニット¥27,000/スローン
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/吉村友希 松村純子 池田めぐみ モデル/五明祐子 Marisol2018年2月号

Q3.ニットの洗濯どうする?

☆教えてくれたのは・・・

中村祐一さん 
洗濯家。さまざまなテレビ・雑誌などで、適確かつわかりやすい洗濯方法を伝授。そのさわやかなルックスから"洗濯王子"と呼ばれている。

「おうちで洗えるニットは、実は多いんです。まずは洗濯表示をチェック。洗濯機でも洗えるけど、手洗いだと、よりニットに優しいです」(中村さん)。コツさえつかめば、あっという間で簡単!

☆まずチェック!

  • 洗濯機で洗う時はネットに入れて
    右の1、2の表示以外は、手洗いコースやドライコースで洗濯機洗いも可。たたんだニットより少し大きなネットに入れて

  • 家で洗える?まず洗濯表示を見て
    1の表示の場合、家での洗濯は避けて。それ以外はおうちで洗っても大丈夫。3の数字は洗濯液の上限温度を表す

撮影/坂根綾子(物) Marisol2017年12月号

Q4.毛玉のケアやほつれ・・・、これどうする?

「毛玉は、“できる前”の予防=ブラッシングが一番大切。それでもできてしまったら、生地を極力損なわずに毛玉を取る、最新ツールを利用して。毛玉と思っていたらほつれだったということもあるので注意を」(洗濯家・中村祐一さん)

毛玉の悩み>

「毛玉は、“できる前”の予防=ブラッシングが一番大切。それでもできてしまったら、生地を極力損なわずに毛玉を取る、最新ツールを利用して。毛玉と思っていたらほつれだったということもあるので注意を」(洗濯家・中村祐一さん) 

<ブラッシング>予防第一! 着たあとに必ずブラッシングを!

固めの馬毛ブラシがオススメ。下から上、その後上から下という順番でブラッシングして。静電気除去ブラシ¥4,000/池本刷子工業(KENT)

撮影/冨樫実和(人物・ケア) 坂根綾子(物) Marisol2017年12月号

【16】ニットを着る日の「女っぷりヘアアレンジ」

<タートルネックニットの日のゆるおだんご>

タートルネックニットは首もとにボリュームがあるぶん、髪はざっくりとしたおだんごにまとめて顔まわりをすっきりさせるのがベストバランス。タートルネックの上におだんごがのっているくらい下めの位置に作るのが、女らしさを加速させるコツ。
ニット¥26,000/UTS PR(トリコテ) ピアス¥8,500/ストローラーPR(マユ)
撮影/菊地泰久(vale.) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田めぐみ モデル/RINA  Marisol2017年12月号

【2017-18冬】

What's New

Feature

Ranking