タイトスカートコーデ15選。縦長シルエットですっきりバランスのいいスタイルに

タイトスカートに合うコーディネートをご紹介。オフィスコーデの定番、タイトスカートを、今年っぽく、女らしく格上げして。
スウェット×総レーススカートコーデ

1/15

ジャケット×ベージュタイトスカートコーデ

2/15

ボーダートップス×レースタイトスカートコーデ

3/15

ピンクトップス×ベージュタイトスカートコーデ

4/15

白トップス×総レースタイトスカートコーデ

5/15

白シャツ×イエロータイトスカートコーデ

6/15

ボーダー×ベージュタイトスカートコーデ

7/15

グレートップス×黒タイトスカートコーデ

8/15

白ブラウス×黒タイトスカートコーデ

9/15

シャツ×ベージュタイトスカートコーデ

10/15

白ブラウス×Ⅰラインスカートコーデ

11/15

ジャケット×タイトスカートコーデ

12/15

プリントタイトスカート×白スニーカーコーデ

13/15

イエロースエードタイト×白ローファーコーデ

14/15

グレーニット×フューシャピンクパンツコーデ

15/15

スウェット×総レースのタイトスカートコーデ

着心地もエレガンスも兼ね備えた「スウェット×総レーススカート」で大人の甘辛カジュアルコーデに。スウェットトップスに合わせるボトムスは、スポーティではなくエレガントにまとめればおしゃれなアラフォーファッションの完成!

ジャケット×ベージュタイトスカートコーデ

中だるみしがちな日はネイビージャケットで気合い注入!知的ネイビーのかっちりジャケットに、サイドスリット入り&とろみ素材のタイトスカートで、シャープな中にもどこか女らしさを薫らせて。

ボーダートップス×レースタイトスカートコーデ

定番の白×ネイビーではなく、ブルー×ネイビーにすることで、都会的な印象を目指して。ボーダーカットソーとレーススカートの組み合わせのなかにも、真面目さを印象づけるためにもシックなネイビー配色を心がけて。

ピンクトップス×ベージュタイトスカートコーデ

ベージュスカートを淡ベージュでなじませたオールベージュコーデ。そこにぱっと華やかに気分がアガるコーラル系ピンク色をさすのが、THE・アラフォーテクニック。この色がもつきれいな女らしさや幸福感のある甘さがベージュトーンに上品に映え、鮮度のある配色に。

白トップス×総レースタイトスカートコーデ

明るいプレーンな白トップスにシンプルなぺたんこ靴で、レースの華やかさを引き立てる! レースの繊細さが引き立つよう、あえて色数は抑えめに。キャスケットにかご、バレエシューズなど、フレンチシックな小物をちりばめて。

白シャツコーデにはサフランイエローを投入して

ボトムスは無難な色を選ぶのではなく、スタイリングが一気にフレッシュに見違える、鮮やかカラーに挑戦してみて。

ボーダートップス×ベージュタイトスカートコーデ

王道ボーダーには赤を選んでベージュコーデを活発に。ベージュコーデに合わせれば、トラッドやフレンチ気分を運んできてくれるはず。かっちりバッグや小ぶりなパールを合わせてほんのり格上げを狙って。

グレートップス×黒タイトスカートコーデ

定番の黒×グレー配色はシルエットや小物を思いっきりトレンド側に寄せるのがしゃれて見せるコツ。ハイウエストのパンツで脚長シルエットをつくったら、厚底シューズとハットでさらに縦長に、スタイルよく着こなして。

白ブラウス×黒タイトスカートコーデ

アラフォー流の甘辛コーデはモノトーンしばりがちょうどいい。エレガントに見せてくれるふんわり袖のブラウスを、黒のタイトスカートでスマートに仕上げて。そこに小物で特別感を演出して。特に足もとが旬の靴、というだけでモノトーンもたちまち鮮度が上がる。

シャツ×ベージュタイトスカートコーデ

シャツ+タイトスカートという黄金スタイリングも、袖のギャザーデザインで凝った印象に。シャープさと女らしさの両方が手に入るからお気に入り。体がきれいに見えるタイトスカートはオフィススタイルのマストアイテム。

白ブラウス×Ⅰラインスカートコーデ

ほんのりラウンドしたすそスリットが女らしさを強調。上品なキャメルブラウンのタイトスカートは、オフィススタイルの鉄板。合わせるアイテムを問わず、季節もシーンも超えて活躍してくれる。

グレージャケット×赤タイトスカートコーデ

膝丈だとリクルートっぽくなり、ふんわり広がるスカートだと40代にはあわなかったり…。そんな中、長めのタイトスカートは、シングルボタンのジャケットも今っぽく、大人らしく着こなすのに頼れるアイテム。華やかなレッドのスカート×ヒール靴で品良く、ドットスカーフをアクセントに。

プリントタイトスカート×白スニーカーコーデ

はくだけで縦感を強調できるⅠラインスカートも、ミディ丈が断然今年っぽい。ライダースを合わせた"いい女度"の強いコーデが、フラット靴のおかげでほどよい抜け感に。

イエロースエードタイトスカート×白ローファーコーデ

なめらかなスエード素材を使用したしっとりとした質感で、鮮やかカラーなのに大人っぽく履ける。この春人気復活のフーディスウェットでスポーティにこなしつつ、足もとは白のローファーで大人のきちんと感をキープ。

フリルつきデニムタイトスカート×スタッズつきシルバーパンプス

よけいな肉感を拾わないハリのあるデニム素材に、腰まわりをカバーしてくれるフリルつき、と一見エレガントなのに着やせ効果も高い一枚。ハイウエストで脚が長く見えるので、フラット靴でも自然とグッドバランスに。スリット入りで足さばきも楽々。

■2018年の春夏トレンドもチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking