春夏のきれい色スカートコーデ20選。はくだけでトレンド感と女らしさがアップ!

2018年6月6日
きれい色スカートに合うコーディネートをご紹介。初心者がきれい色を取り入れるならスカートが断然おすすめ!アラフォーならではの上品コーデを参考にして。
黒カットソー×大人ピンクスカートコーデ

1/20

白の開襟シャツ×グリーンスカートコーデ

2/20

ピンクTシャツ×ボリュームスカートコーデ

3/20

スウェット×総レーススカートコーデ

4/20

5/20

ミリタリージャケット×ふんわりミディ丈スカートコーデ

6/20

ピンクニット×パープルマキシスカートコーデ

7/20

キャメルのハイゲージニット×大人ピンクのシルクマキシスカート

8/20

グレーニット×ふんわりミディ丈スカートコーデ

9/20

白Tシャツ×イエロースカートコーデ

10/20

パーカ×水色プリーツスカートコーデ

11/20

ブラウン小物×グリーンスカートコーデ

12/20

ネイビージャケット×白スカートコーデ

13/20

ボーダー×白レーススカートコーデ

14/20

グレーカットソー×グリーンのふんわりミディ丈スカートコーデ

15/20

ジャケット×ピンクスカートコーデ

16/20

袖コンシャスブラウス×白のフレアスカートコーデ

17/20

黒ライダースジャケット×ピンクスカートコーデ

18/20

ライトグレーニット×グリーンプリーツスカートコーデ

19/20

デニムシャツ×パープルミディ丈スカートコーデ

20/20

黒カットソー×大人ピンクスカートコーデ

アラフォーの大人ピンクを最大限に引き立てる洗練ブラックの効果を堪能して。フレンチマダムを意識したフレンチシックな黒アイテムを重ねてみる。ピンク×黒が小粋な可愛らしさを表現してくれるはず!

白の開襟シャツ×グリーンスカートコーデ

ちょっと懐かしい開襟シャツを主役にしたリラックスコーデ。ポロシャツライクなスポーティさもある一枚を、グリーンのスカートでヘルシーに。大人っぽさは上質なアクセをプラスすることで、逆に今どき感のある楽観的コーデへと変身! 

イージーな履き心地のマキシスカート×Tシャツコーデ

深みのある赤×少しピンクを帯びたベージュとのグラデーションっぽい配色が今の気分! ワッシャー加工がラフなインドのコットン素材のスカートと、ドライな素材感の厚手Tシャツは相性抜群なので、エレガント&カジュアルに着こなせそう。

スウェット×総レースのタイトスカートコーデ

着心地もエレガンスも兼ね備えた「スウェット×総レーススカート」で大人の甘辛カジュアルコーデに。スウェットトップスに合わせるボトムスは、スポーティではなくエレガントにまとめればおしゃれなアラフォーファッションの完成!

コンサバジャケット×ふんわりミディ丈スカートコーデ

コンサバに見えがちなジャケットスタイルはスニーカーの色味を変えれば劇的に更新される! おじさんっぽく見えないようにするためには、素材やこなれ感が重要に。まずは袖をたくしあげて、さりげなく渋く輝くシルバー小物をプラスして。

ミリタリージャケット×ふんわりミディ丈スカートコーデ

男らしいミリタリージャケットの下には爽やかな配色で、さらにプリーツスカートや小ぶりなショルダーバッグなど、合わせもちょっぴり甘めにコーディネイトしてみる。

ピンクニット×パープルのマキシスカートコーデ

トレンドのカラーonカラーに挑戦するならピンク×パープルの同系色でまとめて。可愛らしいピンクと知的で大人っぽいパープルの組み合わせが大人の女性にはぴったりのカラーリング。小物はベージュでそろえるなど、ベーシック色を使ってなじませるのもあり。

キャメルのハイゲージニット×大人ピンクのシルクマキシスカート

ジャパンメイドにこだわったブランド『エンリカ』のスリット入りマキシ。美しいピンクはエルダーベリーによるもの。鮮やかなだけじゃない、草木染めならではの奥行きのある発色が洗練度を高めてくれる。キャメルニットとブラウン小物でまとめて、旬度の高いカラーコーデを堪能して。

グレーニット×ふんわりミディ丈スカートコーデ

青みのあるピンクを、グレーと合わせて涼しげに。ラベンダー色に近い少し青みのあるピンクは、アラフォー世代に似合いやすい色。それ以外のアイテムをクールなグレートーンで統一し、女っぽいけど甘さ控えめ、な上品配色に。

白Tシャツ×イエロースカートコーデ

相性のいいベージュとイエローに、白をはさんでさわやかさアップ。相性がよくトライしやすいのがマスタードイエロー×ベージュの組み合わせ。秋っぽく見えないよう、白Tや白小物で春らしいさわやかさを意識的に足して。

パーカ×水色プリーツスカートコーデ

涼やかに揺れる水色のプリーツをパーカでカジュアルダウンさせて。涼しげな水色×グレーは、日射しがまぶしさを増すこれからの時期にこそ映える配色。フェミニンなプリーツスカートを、今季再注目中のパーカで旬のスポーティなムードにシフトさせて。子供っぽくならないよう、小物は小さめバッグやマニッシュなスリッパで、上品に。

ブラウン小物×グリーンスカートコーデ

甘さのないグリーンは大人向きのきれい色。ブラウン小物で上品に。グリーンも今季の旬カラー。きれい色ならではの華がありつつ落ち着きもあるので、アラフォー世代におすすめです。同じくトレンドのブラウン小物を合わせ、全体をシックにまとめて。

ネイビージャケット×白スカートコーデ

白スカートはネイビージャケットとボーダーでフレンチシックな着こなしに。スカートはとろみ素材ではなく、パリッとした素材で甘さを控えめに。長すぎず短かすぎずの丈も今の気分。

ボーダー×白レーススカートコーデ

定番の白×ネイビーではなく、ブルー×ネイビーにすることで、都会的な印象を目指して。ボーダーカットソーとレーススカートの組み合わせのなかにも、真面目さを印象づけるためにもシックなネイビー配色を心がけて。

グレーカットソー×グリーンのふんわりミディ丈スカートコーデ

リネン素材独特のシャリ感と微光沢な発色で、上品にトレンドカラーを取り入れて。スカートは幅広のウエストゴムがデザインも兼ねていて、トップスインして着られるのに快適な着心地というのがうれしい。

ジャケット×ピンクスカートコーデ

いつもよりも可愛らしさを前面に出した大人ピンクコーデ。足もとのエスパドリーユも大人の女の可愛いらしさを後押し。淡いピンクをしなやかに見せる、フレアシルエットのリネンスカートは、一枚でマリンなコーディネートをはっとするほど新鮮に。

袖コンシャスブラウス×白のフレアスカートコーデ

袖コンシャスなブラウスは、深いボルドーだからこそ、ふんわり袖でも甘くなりすぎずフェミニン具合がちょうどいい♡ボリューム袖とフレアスカートで十分華やかさはあるけれど、ミニミニサイズのレオパード柄バッグをアクセサリー感覚で肩がけするとさりげないドレスアップ効果が期待できる。

黒ライダースジャケット×ピンクスカートコーデ

ピンクの延長で着られるベリー色は、辛口テイストを足していけば意外と簡単に攻略できる♡黒のライダースジャケットやスタッズつきバッグなど、ぴりっとさせる辛口要素をふんだんに盛り込めば、切れ味のいい、かっこいい女っぷりスタイルが完成!

ライトグレーニット×グリーンのプリーツスカートコーデ

蛍光味を帯びたケリーグリーンのアコーディオンプリーツを主役にした元気コーデ。スカートと同じグリーンが入ったチェックストールで遊びつつ、白小物で軽やかさをプラスするのがアラフォー流のカジュアルコーデ。

デニムシャツ×パープルのミディ丈スカートコーデ

主役は、注目のパープル。差し色として大活躍の女っぷりスカート! デニムシャツとスリッパシューズを合わせたお仕事コーデの完成。

■2018年の春夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking