春こそ満喫!アラフォー向け着映えスカート6タイプ|40代レディースファッション

2019年4月3日
ツヤのある素材、プリーツ、キレイ色、チェック柄、レースなど、着映えがする春のトレンドスカートが目白押し! アラフォーは春のトレンドスカートをどんな風に着こなすのが正解?

1.女っぷりが上がる「ツヤスカート」

■ベージュのニット×ツヤあり淡いピンクのデザインスカートコーデ

今季はスカートだって辛口シフト! モード風味の一枚を、優しいトーンで。麻素材をベースに、片側だけツヤ素材のプリーツをあしらって。少しエッジのきいたデザインだからこそのほの甘感が新鮮! トップスは淡ブラウンのざっくりニットで、ニュアンスたっぷりのグラデ配色に。ラフさと上品さを両立した、大人の余裕漂うスカートスタイルを満喫。

スカート¥54,000/ebure ニット¥26,000/サザビーリーグ(デミリー) サングラス¥36,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) バッグ¥101,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)

■トレンチコート×ツヤありオレンジのラップスカートコーデ

インナーの色が渋めだとしても、アウターであるトレンチのベージュとマスクの白から色をリンクさせた白小物で明るさをプラスして。首もとのスカーフやラップスカートのツヤ感は、ぐっと華やかにしてくれるだけでなく、花粉攻撃からもさらりと守ってくれる。

トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) カットソー¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ  シンゾーン) スカート¥29,000/アマン(ベルウィッチ) イヤリング¥10,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥヌーブ) スカーフ¥42,000/アトリエ  ニノン(ラスパイユ) バッグ¥142,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥27,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ファビオ ルスコーニ)

■ベージュのカットソー×ピンクのツヤありプリーツスカートコーデ

長時間座る時にもゴムのウエストは助かります。ベージュのカットソーならピンクが落ち着いて見え、若さをがんばっている印象にはなりにくいです。「ドゥーズィエム クラス」のカットソーはベージュでも色が絶妙で「おば見え」回避。上下で色が控えめになるので、シューズと小物はゴールドが入ったメタリックでアクセント。アメホリのプチプラトートはお弁当と水筒が入るので、春のスポーツ観戦にも最適!(美女組Akane)

■ライダース×ツヤありグリーンのマキシ丈スカートコーデ

カフェで女友達たちと女子会。そんな日は春の定番アウター、ライダースをメインにしたハンサムコーデがおすすめ。ボトムはフェミニンな雰囲気が漂うマキシ丈のスカートを合わせるのが今年らしくバランスもよし。足もとは甲に深く切り込んだVカットが新鮮なフラットシューズで抜け感を。

レザージャケット¥88,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) スカート¥29,000/ビームス ハウス 丸の内(エイトン) ピアス¥26,000/デ・プレ(イリスフォーセブン) バッグ¥150,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥32,000/ベイジュ(ピッピシック) 

■イエローのニットアンサンブル×ツヤありブラウンのマキシ丈スカート

濃いめのブラウンと合わせるとマスタードのような落ち着いた雰囲気になり大人におススメの合わせ方。薄めよりダークブラウンのような濃い色のほうがメリハリが出しやすいです。アメリカンホリックのマキシスカートは、涼しくてシワにならない今年もヘビロテの2年め。サンダルも同じチョコブラウンです。(美女組Akane)

2.どんなトップスにも合う「プリーツスカート」

■トレーンチコート×ボーダーニット×ネイビーのプリーツスカートコーデ

春に向かって色ものが増えてくるこの時期、ハンサムトレンチのベージュにきかせるならこっくりしたオレンジがおすすめ。ネイビーのプリーツスカートと合わせれば誰からも好感度を持たれるコーデに。ボーダー×プリーツスカート×トレンチ×パンプスの定番コーディネートも、色合わせしだいでこんなに新鮮!

トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) ニット¥28,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥38,000/ロンハーマン ネックレス¥23,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヘレナ ローナー) バッグ¥56,000/ドゥロワー 丸の内店(ドラゴン) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■白ニット×グリーンのマキシ丈スカートコーデ

冬にはタイツで、春にはソックス合わせ、さらに暖かくなったら素足で、と一年中季節を問わずに着こなせるのが嬉しいプリーツマキシスカート。きれい色でもあり、取り入れやすいのに粋に見えるグリーンならワンツーコーデでスタイルが速攻決まる!

ニット¥16,000(エムセブンデイズ)・プリーツマキシスカート¥27,000(サクラ)・バレエシューズ¥29,000(ポルセリ)・シルバーリボンバッグ¥41,000(ポティオール)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物

■トレンチコート×カーディガン×プリーツスカートコーデ

ベーシックトレンチコートはマニッシュにも着られるけれど、実はロングスカートと合わせれば、女性らしい着こなしへと変化させる実力が。高めの位置でウエストマークすることで自然と脚長効果も期待できそう。下から覗く揺れるプリーツの裾でエレガントな印象に。

トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) スカート¥39,000/アングローバル(イレーヴ) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(グーセンス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M  デヴィッドソン) 靴¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ)

■イエローのニットアンサンブル×ネイビーのプリーツスカートコーデ

イエローはネイビーとの相性も抜群。ツヤのある光沢プリーツは、ニットの良質な生地感と色を更にきれいに引き立ててくれます。小物のバッグとシューズはスカートの光沢に合わせたゴールドやシルバーのメタリックで。(美女組Akane)

3.ぱっと目を引く「きれい色スカート」

白のボートネックカットソー×マスタードカラーのボリュームスカートコーデ

ヴィンテージの生地からインスピレーションを得たというマスタードカラーのストライプスカート。生地をたっぷりと使用していてボリュームがあるので、トップスはスッキリとした白いカットソーがベスト。首がきれいに見えるボートネックと、ほどよくフィットする五分袖のカットソーを合わせれば、スタイルアップもかなう。

カットソー¥11,000(エムセブンデイズ)・スカート¥20,000(ヌキテパ)・ラタン2wayショルダーバッグ【Kiwi shoulder】¥16,000(フリーストア)・アンクルリボン スクエアトゥ フラットシューズ¥44,000(ネブローニ)/SHOP Marisol

■ツインニット×パープルのマキシ丈スカートコーデ

プルオーバーとしても着られるようボタンの大きさと位置にこだわったカーディガンと、フレンチスリーブがキュートなインナーのツインニット。どちらも単品使いできて自宅で洗濯も可能な万能アイテム。ボリュームのあるマキシスカートのきれい色とツインニットのブラウンが好相性。

ツインニット¥21,000(エムセブンデイズ)・マキシスカート¥16,000(マイカ&ディール)・パンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ・ピアス・バングル/スタイリスト私物

■カーキシャツ×ローズピンクのスカート×サンダルコーデ

スイートな雰囲気のローズピンクのスカートが映える時期。甘くなりすぎないようトップスはメンズライクなカーキのシャツでバランスをとるのがアラフォー的着こなし。スカートのサイドはゴム仕様なので、ボリュームシャツをインしてもすっきり着られる。

シャツ¥22,000(アールジュビリー)・スカート¥15,000(エムセブンデイズ)・2WAYショルダートートバッグ【SUPERLIGHT】¥37,000(ジャンニ キアリーニ)・アンクルストラップサンダル¥27,500(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol サングラス・バングル/スタイリスト私物

■ネイビージャケット×パープルのスカートコーデ

目を引くきれい色のスカートならフォーマルにも対応。「ガレージ・オブ・グッドクロージング」のきれいな発色のスカートと落ち着いたネイビーのジャケットでコントラストを。内側は「オーラリー」の半袖ニットで着ぶくれしないようにスッキリ。パンプスもスカートと濃淡違いのパープルでアクセントを出します。(美女組Akane)

■メンズパーカ×ブルーのマキシ丈スカート×ヒールパンプスコーデ

大きめのメンズパーカを羽織ってカジュアルな雰囲気で気取らず近所のカフェへ。気取らない近所のお出かけは、ゆるく大きめなパーカーを羽織って。これもユニクロのメンズです。女っぽさのバランスにはTシャツやパーカーで抜け感をプラス。(美女組Akane)

4.トレンドの大本命「柄スカート」

■ベージュのニット×ドット柄スカート×スニーカーコーデ

軽やかな印象のフェミニンなドット柄スカートには、シンプルにスポーティを意識したリラックスコーデがちょうどいい。合わせるニットはベーシックなクルーネックで、アームと身幅にややゆとりがあり、着やせして見えるのが嬉しい。ベーシックなフォルムなのに、ほのかな光沢感が上品なので、実はさまざまなスタイリングにも対応可能。足もはスニーカーで軽快に。

ニット¥14,000・ドット柄マキシスカート¥16,000(エムセブンデイズ)・スエード2WAYバッグ【ELETTRA】¥43,000(ジャンニ キアリーニ)・スニーカー【STAN SMITH】¥14,000(アディダス オリジナルス)/SHOP Marisol

■ベージュのサファリジャケット×ドット柄スカートコーデ

オフィスに着ていく色合いに迷ったら、必ず組み合わせる鉄板の「ベージュ×黒」。今年らしく着こなすならスイートな黒をとりいれること。例えばノスタルジックで甘さを感じさせるドット柄の黒スカートに、都会的なサファリベージュのジャケットを合わせて。ドット柄と同じくらい大きさの粒が連なったパールネックレスでリンクさせるのもおしゃれの高等テクニック。

ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) Tシャツ¥9,000/オーラリー スカート¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ネックレス( 2 本セット)¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥49,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ) 靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル)

■トレンチコート×タートルネックニット×チェック柄スカートコーデ

トラッドの王道ともいえるチェック柄&トレンチコートの組み合わせ。ともすると学生っぽくなりがちだけれど、肩まわりのゆったりしたシルエットと膝下タイトとのバランスのおかげで、大人っぽい仕上がりに。フロントにボタンや飾りがない着流しトレンチコートだからこそ、大きめチェック柄とも合わせやすく、今どきの着こなしが完成!

トレンチコート¥84,000・スカート¥35,000/ebure ニット¥98,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ケイト) サングラス¥27,000/バーバリー アイウエア(バーバリー) バッグ¥128,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥30,000/ベイジュ(PIPPICHIC)

■ネイビージャケット×華やか柄のミモレ丈スカートコーデ

ベーシックカラーにプリントされた赤と白で奏でる華やかな柄のスカート。ジャケットをONしてもフェミニン度が高く、どこか人をほっとさせてくれるような優しさをプラスしてくれる。レーヨン100%のサラサラ感が軽快な足もとを邪魔せずに軽やかに舞ってくれる。

ジャケット¥21,000・とろみハイネックブラウス¥12,000(ともにエムセブンデイズ)・ギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・トートバッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥25,000(カルツァイウォーリフィオレンティーニ)/SHOP Marisol

■ベージュのシンプルニット×花柄スカートコーデ

シンプルなニットに合わせたワン・ツーコーデでも地味にならず、簡単に華ありスタイルが完成。ドラマティック感がきわだつ花柄は、奇をてらわずにストレートに着るほうが大人っぽくて素敵。コーデにあれこれ迷わずにすみ、ある意味時短アイテム。

スカート¥24,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パーイエナ) ニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ピアス¥15,000/CPRトウキョウ(ルーカス ジャック) ストール¥53,000/ebure(ファリエロ サルティ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター ロルフ) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)

■グリーンのアンサンブルニット×チェック柄のタイトスカートコーデ

何とも魅かれる大人の春色「グリーン×ブラック」のチェック柄タイトスカートは、「かわいい」に加え知的なクールビューティーが華やぐとても美人な印象。トップスに合わせたいのはやはりグリーン。上下に統一感が生まれワンピースのようなまとまり感が出ます。バッグと靴はなじみやすいベージュをチョイス。(美女組Akane)

■ブルゾン×チェック柄スカートコーデ

メタリックは春のキーワード、スポーティミックスにも有効。地面にまっすぐ伸びる太ヒールは歩きやすいという実用性を備え、パンプス界の欠かせない存在に。ボリュームのあるヒールにシルバーの輝きも加わって、より女っぽく、コンテンポラリーな印象。スクエアトゥやメタルプレートもスポーティなテイストにマッチするから、トレンドをとことん楽しむ高感度派におすすめ。

ブルゾン¥43,000/ebure スカート¥26,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) ブレスレット¥89,000/CHERRY BROWN 靴(4.5)¥99,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 

5.上品&華やかな「レーススカート」

■ブラウン系パーカ×白のコットンレーススカート×レギンスコーデ

白コットンはガーリーに着ない。パーカとレギンスが相棒。イノセントな雰囲気のスカートも、パーカ&レギンスのスポーティさで大人のデイリーに落とし込んで。実はパーカはシルク混。ここも格上げの決め手に。

パーカ¥56,000/アンフィル Tシャツ¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) スカート¥100,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) サングラス¥35,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥68,000/CPRトウキョウ(フリン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■カーキのサファリジャケット×レーススカート×パンプスコーデ

優しげで、洗練された大人のためのサーモンピンク。ブーツやフラットシューズに頼っていた足もとを春こそヒールパンプスに変えて。肌色をきれいに見せてくれるサーモンピンクのスエードパンプスは、アースカラーとの合わせが上品で都会的。サファリジャケット×レーススカートという辛×甘コーデに最高の女っぷりを。

ジャケット¥49,000(ボールジィ)・バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン別注)/TOMORROWLAND ニット¥28,000・スカート¥82,000/ebure ピアス¥13,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ラウラ ロンバルディ) 靴(8.5)¥74,000/ジミー チュウ

■ミリタリージャケット×チュールレースのスカートコーデ

ミルキーなワントーンで甘辛MIXもぐっと優しげ。一張羅レースこそカジュアルに落とし込んで、気負わず等身大で着たい。ヴィンテージライクなスカートにトーンを合わせた優しげなカラー采配で、女らしいスタイルに導いて。

ジャケット¥9,800/ジャーナル スタンダード 表参道店(ロスコ) ニットパーカ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) スカート/¥205,000/マディソンブルー バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

6.誰が着ても品よくキマる「ベージュスカート」

■ペールラベンダーのニット×チノ素材のベージュスカートコーデ

今も春先も楽しめる心地いい配色とバランス。甘すぎず、リッチで洗練されたムードを作るペールラベンダー。チノ素材のロングスカートで、少しカジュアルに引き寄せると配色もバランスもうまくいく。

ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥92,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バングル¥22,000/プライムゲートアドバタイジング(ラ・スール) バッグ¥33,000/コード(ヴァジック) 靴¥145,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

■Vネックカーディガン×ベージュのギャザースカートコーデ

大人気のマキシスカートが春バージョンで登場!秋冬に人気だったデザインの進化版。トップスインしてもきれいに着られるよう脇ゴム仕様に変更。ギャザースカートでも腰まわりがすっきり見えるのが魅力。

Vネックカーディガン¥24,000(ルトロワ)・スカート\15,000(エムセブンデイズ)・2WAYバッグ¥55,000(ベルメール)・シューズ¥33,000(チェンバー)/SHOP Marisol バングル/スタイリスト私物

春のスカートのトレンドと旬な着こなしをお届けしました。今季ははくだけで華やかさを演出してくれるスカートが満載。トレンドのスカートを一点投入するだけでグッとコーデが素敵に変わりますよ!

※商品は販売を終了している場合があります

What's New

Read More

Feature

Ranking