春夏はかごバッグがマスト!かごバッグに合う大人コーデ実例20選

2018年3月18日
かごバッグに似合うコーディネートをご紹介。カジュアルになりすぎない上品スタイルで大人のかごバッグコーデを完成させて。
ワンピース×かごバッグコーデ

1/20

レーススカート×かごバッグコーデ

2/20

デニム×かごバッグコーデ

3/20

柄スカート×かごバッグコーデ

4/20

デニム×かごバッグコーデ

5/20

白スカート×かごバッグコーデ

6/20

ピンクスカート×かごバッグコーデ

7/20

デニム×かごバッグコーデ

8/20

シャツ×かごバッグコーデ

9/20

白パンツ×かごバッグコーデ

10/20

スキニーデニム×かごバッグコーデ

11/20

バレエシューズ×かごバッグコーデ

12/20

ワンピース×かごバッグコーデ

13/20

きれい色×かごバッグコーデ

14/20

甘めブラウス×かごバッグコーデ

15/20

ジャケット×かごバッグコーデ

16/20

グリーンブラウス×かごバッグコーデ

17/20

白デニム×かごバッグコーデ

18/20

マキシ丈スカート×かごバッグコーデ

19/20

帽子×かごバッグコーデ

20/20

絶妙な膝下丈ワンピで上品カジュアル通勤♡

アラフォーともなるとワンピースの丈感がいちばん気になるところ。膝下丈のものを選べば、きれいに着こなせる。ぽんぽんかごバッグやぺたんこ靴でフェミニンに着こなしたり、チェーンバッグとヒールパンプスを合わせれば、パーティやオケージョンにもマッチしたりと何かと重宝しそう♪

明るいプレーンな白トップスにシンプルなぺたんこ靴で、レースの華やかさを引き立てる!

レースの繊細さが引き立つよう、あえて色数は抑えめに。キャスケットにかご、バレエシューズなど、フレンチシックな小物をちりばめて。

ドレスライクなブラウスはヴィンテージを意識すれば、新鮮なフレンチスタイルへと昇華

ネイビーベースのドットプリントが、この春あちこちのブランドから登場しているけれど、ブラウス自体にすでに甘さがあるので、ここはデニムやラタンバッグといったヴィンテージ感を意識して。

シンプルなワンツーコーデもトロピカル柄で高揚感と華やぎを与えてくれる

トロピカル柄とイメージが合いそうなかごバッグや、白のローファースリッパなど、旬度の高い小物を投入して遊び心たっぷりに。

大人カジュアル初心者は“裾だけ”ダメージデニムコーデで

ダメージデニムこそちょっときれいめに着こなすのがアラフォーの鉄板ルール。ダークグリーンとパープルの組み合わせは大人の女性の余裕を感じさせてくれるはず!

サーキュラースカートは大人の余裕たっぷりに着こなしたい

パープルのカーディガンとのクラシカルな組み合わせは平日にはパンプスとトートバッグを。休日にはかごやスリッパでマイテイストを堪能して。

大人ピンクを小粋に着こなすなら白Tシャツの次に狙うはシックなグレー

パッと目をひくフューシャピンク。思いがけずグレーニットとの相性がよいことを発見。キレイ色をイタくない感じで着こなせるので、キレイ色にシックな色でバランスをとる配色コーデを。

鮮やかなトマトレッド!強い色味も靴の面積なら取り入れやすい

太めのチャンキーヒールのおかげでエレガントになりすぎず、濃いインディゴブルーデニムとも好相性のコーデ。安定感のあるチャンキーヒールとポインテッドトゥが旬顔。

40代のお仕事服に必要な清潔感はフレンチ気分なシャツコーデで

ツヤと透け感が女らしいシャツはボタンを上までとめ、すそをスカートにインしてきりりと着こなせば凛とした女性の完成!

かごバッグがあればリラックス感のあるワンツーコーデも一気に華やぐ

着心地の良いベーシックなニット&パンツスタイル。全体のコーディネイトを瞬時にエレガントで粋にしてくれるワンハンドルのかごバッグがポイント。

デニムでも細身のスキニーを選べば、きりっとした印象に

スリットカラーとウエスト切り替え、後ろが長めになっているフレアシルエットが今どきのチュニックには、上品にきれいめスキニーデニムを合わせて。

レザーでトリミングされた上質かごバッグと赤いバレエシューズで、大人のフレンチスタイル

ブラウン寄りのベージュトップスは、広めの袖ぐりでフェミニンな印象。さらに、ほんのりフレアなすそが楽ちんワンツーコーデを単調に見せないのも嬉しい!

みんなを“ハッと”させるオーシャンブルーのワンピには上品ハットで♡

ギャザーワンピースはガーリーな雰囲気に転ばないように小物で大人っぽくするのがアラフォー流の着こなし。ブラウンの上品ハット、ブラウンスエードの厚底サンダルならほどよいリッチ感に。

気分が上がる最愛かごバッグはラベンダートーンでまとめて

インパクト大の冒険小物もネイビーを軸にコーディネートすれば、なじんでデイリーに合わせやすい。

シックな色あいでも甘めディテールで旬度をあげて

ブラウンを取り入れたパンツコーデ。久々のトレンド“甘めブラウス”で取り入れると、華やかでおしゃれ上級者な印象に。

ジャケット×ワンピースの通勤定番は洗練ワントーンで

淡くまとめながらもぼやけて見えないのは、シャープに引き締めるノーカラーや白パンプスがあるから。立体感を意識したとろみワンピースはジャケットを脱いでも自慢できる一着。

ふんわりテクでパンツコーデが見違える!

トップスをインしてパンツのウエスト位置を合わせたら、すそを少しだけ引っぱり出して、おなかまわりにふくらみを。パンツの上に少しかぶせるのがポイント!

白デニム×大人リッチ配色でぷちバカンス気分

ちょっとぷちバカンスを意識して、きれい色が映えるので迷わず選びたい白デニム中心のコーデ。さらに表情豊かな素材感のブラウン小物をちりばめて、上品カジュアルなスタイルに。

ゆるニット&マキシ丈ならラクして“下半身太りと思わせない”コーデに

短め丈のニットとマキシ丈のデニムスカートのおかげで脚長効果を発揮できそう。そしてボリューム感のあるデニムスカートが、むっちりしてきた下半身を隠しつつも、カジュアルな女らしさを演出できる。

カジュアル小物を盛って洗練コーデで

トレンドのオフショルダーやカジュアルなトレンド小物も落ち着いた色みを選べば、大人っぽく仕上げてくれる。
■2018年の春トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking