トレンドの今こそ着たい!春のジャケットコーデ25選

2018年3月19日
ジャケットコーディネートをご紹介。かっちりしすぎず、品よく、女性らしく。今っぽくジャケットを着こなすコーディネートをマスターして。
ジャケット×ワイドパンツコーデ

1/25

ジャケット×クロップト丈パンツコーデ

2/25

ジャケット×ホワイトガウチョパンツコーデ

3/25

ライダースジャケット×ワンピースコーデ

4/25

リネンジャケット×色落ちデニムコーデ

5/25

ジャケット×ライラックピンクシャツコーデ

6/25

きれいめジャケット×ニットスカートコーデ

7/25

サファリジャケット×ワンピースコーデ

8/25

ライダースジャケット×マキシスカートコーデ

9/25

スポーティブルゾン×とろみパンツコーデ

10/25

テーラードジャケット×白ロングプリーツスカートコーデ

11/25

サファリジャケット×黒タイトスカートコーデ

12/25

テーラードジャケット×チノパンコーデ

13/25

テーラードジャケット×フェミニンブラウスコーデ

14/25

ジャケット×細身デニムコーデ

15/25

ライダースジャケット×白スカートコーデ

16/25

ライダースジャケット×柄マキシスカートコーデ

17/25

ミリタリージャケット×黒ワンピースコーデ

18/25

ジャケット×ピンクフレアスカートコーデ

19/25

ジャケット×花柄ワンピースコーデ

20/25

ノーカラージャケット×デニムコーデ

21/25

リネンジャケット×色落ちデニムコーデ

22/25

ジャケット×ベージュスカートコーデ

23/25

テーラードジャケット×花柄ワンピースコーデ

24/25

ジャケット×チノパンコーデ

25/25

ワイドパンツでもかっこよくなりすぎない秘けつは、色とツヤ感

細かい千鳥格子が上品なジャケットの色みに合わせて、ベージュ~ブラウンのトーンオントーンコーデに仕上げて。ワイドパンツの揺れ感もきわだって、女らしいポイントに。

クロップト丈のとろみパンツは小物で遊んで、きれいに着くずし

ジャケット×クロップト丈パンツは、そのまま着るとかっちりしすぎることも。リブカットソーでカジュアルダウンしつつ、カラーバッグやストラップシューズを女らしさのスパイスにして。

春らしいホワイトガウチョパンツで新鮮マリンスタイルにトライ

ややモード感のあるピークドラペル(=上向きにとがった下襟)のジャケット×ボーダーのクールなコンビに、揺れるガウチョパンツが可愛げをプラス。サンダルやビッグトートバッグを合わせると、余裕のあるこなれた着こなしに。

ネイビーシルクとブラックレザー。異なる素材と異なるテイスト、そのミックス感が新しい

なめらかなシルクサテンのVネックワンピースは、フェミニンながらほんのりエッジがきいているから、黒ライダースの辛さと無理なくリンクする。

ドライにカッコよく!リネンジャケット×色落ちデニム

ドライベージュのリネン素材ならこの春トレンドのダブルジャケットもぐっとこなれた雰囲気に。カットオフデニムとピンヒールで大人の女性に似合う、ラフでカッコいいカジュアルが完成!

今のジャケットにさりげなく映えるライラックピンク

顔に近いトップスは淡いトーンが優勢。大人の肌に、ワードローブに、すっと溶け込んでくれる白っぽい優しげピンクでこの先の春を迎えて。

女っぽく艶っぽく。きれいめジャケット×ニットスカート

ダブルジャケットは ほんのり光沢のある綿麻素材とパールボタンでぐっときれいめな印象。ニットスカートやはずし小物でジャケットの端正さを少しずつ崩して、余裕漂う女っぷりスタイルに。

サファリジャケット×ワンピース

軽くハリのある素材とグレイッシュベージュが、クリーンな雰囲気のサファリジャケット。とろみ感とシャーリングプリーツがたおやかな表情を印象づけるグレーのワンピースを合わせて、春らしいワントーンが完成。

ライダースジャケット×マキシスカート

今シーズンらしさ満点の、シックなパープルベースのインド風プリントが映えるマキシスカート。まずはオーセンティックなライダースでさらっと取り入れたい。レザー素材のリッチ感や白小物で、カジュアルな魅力を大人っぽくアップデート。

スポーティブルゾン×とろみパンツ

新顔ブルゾンに挑戦する際、最愛のネイビーを選べば成功確実!足首がのぞく丈の白のとろみパンツで、フェミニンな揺れ感とアクティブさを表現したい。この春らしい色小物を投入して、旬度もアップ。

テーラードジャケット×白ロングプリーツスカート

新たな定番となりそうなテーラードジャケット。薄手かつ、やや長め丈の1枚をさらっと肩がけして、大人の余裕を感じさせて。

サファリジャケット×黒タイトスカートコーデ

ドライベージュがもつ色の魅力が生きるアイテム。高感度なおしゃれとタフで媚びない女っぷり、どちらも手に入る!

ジャケットの下に着たニットはチノパンにインして脚長効果を期待して

ジャケット+チノパンのメンズライクなスタイルなら、まわりはスーツ姿の男性社員だらけのオフィスでもしっくりなじんでくれるはず。

お仕事服とデート服を両立してくれるアラフォーコーデ

オフィスではテーラードジャケットでびしっと決めつつ、夜は上着を脱いで、背中あき&リボンの意外性で魅せる着こなしを。そのぶん、ボトムは飾らずカジュアルにおさえておくのが若見えポイント。

スタイルアップを狙うならやっぱり細身デニムコーデ

この春は、久しぶりに細身が復活の兆しです。スタイルアップが簡単にかなうシルエットだから、着やせを気にするアラフォーにとってはうれしい!

辛口ライダースと甘口スカートのギャップを、黒&白できわだたせて

透け感のあるシャンタン素材を重ねたふんわりスカートで女らしさを。潔いモノトーン配色で、シルエットや甘辛のコントラストを味方につけて。

ライダースを女っぽく着るなら柄マキシ!

トーンを柔らかなベージュで揃えたコーデなら、辛口アイテムのライダースも上品に。オレンジのさし色が可愛いベージュベースの洗練アフリカン柄スカートで旬のニュアンスを投入して。

女らしい黒ワンピースにミリタリージャケットを羽織って

目のつまったコットン素材とソフトな色みで、王道カーキながら女っぽく着られる一枚。黒の半袖タンクワンピースは立体的で端正なツイード素材。

足もとのエスパドリーユが大人の女の可愛いらしさを後押し

可愛らしさを前面に出した大人ピンクコーデ。淡いピンクをしなやかに見せる、フレアシルエットのリネンスカートは、一枚でマリンなコーディネートをはっとするほど新鮮に。

小物使いとベージュトーンが、花柄の甘さを大人っぽく、リッチに昇華させて

ベージュのスエード素材がリュクスな存在感を放つジャケットに、今季注目のきれい色花柄ワンピースをイン。小物をベージュで統一して花柄をより印象深く仕上げてみて。

ノーカラージャケットときれいめデニムなら上品で女らしいスタイルに♡

フロントジップのノーカラージャケットはカジュアル感ときちんと感を兼ね備えた一枚。パープルのヒールパンプスやライトグレーのレザーバッグで、品のよさ、女らしさ、きちんと感をさらに強化させて。

辛口ブルゾンもクリーミーな白を選べば辛すぎず、レッドとも相性抜群

ウォッシュドシルクの質感と深い発色が美しいパンツは、マニッシュなブルゾンとのギャップでいっそう高感度に映えそう。ニットや小物でブラウンを仕込んで旬の配色に。

ベージュのワントーンコーデにはちらりピンクが効果的

ベージュスカートを淡ベージュでなじませたオールベージュコーデ。そこにぱっと華やかに気分がアガるコーラル系ピンク色をさすのが、THE・アラフォーテクニック。

カジュアルな印象の花柄ワンピは知的な印象を与えるテーラードジャケットでトラッドに

オフィスには、大好きなテーラードジャケットを羽織って、ほんのりトラッドな雰囲気に。足もとはスニーカーでもレザー素材を選べばきれいめに履きこなせそう。

「紺ブレ」はビッグサイズ!で今どきの着こなしに

細身のチノパンツとならアイビー色を押し出しすぎずに、すっきりフェミニンな印象に。足もとはパンツと同系色のポインテッドトゥシューズをなじませ、すらりと脚長に仕上げて。
■2018年の春トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking