ウエストやヒップラインの体型をカバー!ウエストアウトコーデ15選

2018年6月7日
トップスをスカートやパンツからアウトしたコーディネートをご紹介。アラフォーの気になるウエストやヒップラインを上手にカバーしてくれる着こなしを参考にして。
半袖クルーネックニット×白パンツコーデ

1/15

パープルブラウス×シルバーデニムコーデ

2/15

女っぷりブラウス&パンツコーデ

3/15

フェミニントップス×デニムコーデ

4/15

白のノーカラーシャツ×黒クロップドパンツコーデ

5/15

ラベンダーのプルオーバー×デニムコーデ

6/15

ブルーのボーダー×パンツコーデ

7/15

ミントグリーンのカーディガン×黒パンツコーデ

8/15

グリーンニット×ベージュスカートコーデ

9/15

華やか柄トップス×デニムコーデ

10/15

黒カットソー×白パンツコーデ

11/15

ピンクの袖フレアブラウス×デニムコーデ

12/15

甘めの黒ブラウス×ビタミンカラー靴コーデ

13/15

ウエストコンシャスブラウス×黒パンツコーデ

14/15

ロングカーディガン×パンツコーデ

15/15

半袖クルーネックニット×白パンツコーデ

デニムパンツも白ならきれいめに着こなせるのでデスクワークの日ならオフィスでもアリかも。防汚・撥水加工が施されたホワイトデニムなら雨の日だって安心して履いていけそう。明るい色を取り入れた洋服を着るだけでテンションもおしゃれ印象も格段にアップする気がする。

パープルブラウス×シルバーデニムコーデ

エレガントなシルバーデニムコーデ。トレンドのストレートシルエットはともするとかっこよすぎて近寄りがたい印象になりがちだけど、ボリューム袖とギャザーがきわだつライラックカラーの甘ブラウスを合わせれば、バランスよく着こなせる。

地味にならないワンツーコーデは女っぷりブラウス&パンツコーデ!

ウエストコンシャスなフェミニンテイストもカジュアル素材で軽やかに着こなして。甘トップスの、レーヨン、リネン、コットン混の素材と相性抜群なのが、今季のカジュアルボトムの代表格であるチノパン。形はストレートワイドを選べば、フリル袖でボリューミーなトップスともバランスがとれる。

フェミニントップス×デニムコーデ

フェミニントップスはデニムとコーディネートしてカジュアルダウンさせるのが一番。ドライなサンドベージュだからこそフェミニンデザインでもバランスよく着られるので色選びはアラフォーにとって重要! 

ノーカラーシャツ×黒のクロップドパンツコーデ

何かと便利な黒のクロップドパンツ。履けば必ず痩せて見えると言われるし、何にでも合わせやすいからオフィスコーデにはヘビロテしてしまうアイテム。黒のボリュームが多くなりすぎるとキツイ印象になりかねないので、イノセントな印象の白ブラウスを合わせておくとバランスよく決まる。甘くなりすぎないよう足もとは辛口シルバーで全体を引き締めて。

ラベンダーのプルオーバー×デニムの華やかコーデ

袖からサイドにかけての大きなフリルが、シンプルなデニムスタイルのアクセントにぴったり。華やか色にトライするならアイシーなラベンダーが40代にはベスト!というのは実はライトグレーと同じ感覚で甘めのディテールも大人っぽく簡単に攻略できるから。

ブルーのボーダートップス×パンツコーデ

カーキと合わせたラフなブルーコーデもパンプスで女らしく、手を抜かずに引き締めて。清涼感のあるブルーにこだわって、自分もまわりも心地よくいられるコーデに。

ミントグリーンのカーディガン×黒パンツコーデ

地味に見えない優等生コーデは淡いミントグリーンに白小物をきかせて。小さくても効果てきめんの白スカーフは一枚あると便利。ちょこんと結べば肌トーンもアップ!シックな色でもみずみずしく見える艶小物を足すことで、肌のくすみっぽさを払拭して。

グリーンニット×ベージュスカートコーデ

今年のトレンドカラーであるグリーン、特に鮮やかな発色のケリーグリーンはネイビーやベージュといったベーシックカラーとの相性抜群。オフィスには一瞬派手すぎるかなと躊躇したけれど、いつものワンツーコーデが新鮮に感じられ予想以上に合わせやすく大活躍。

華やか柄トップス×デニムコーデ

アラフォーが大人ピンクを着こなすなら、エスニック柄などの辛めを選ぶのが正解! ビジューサンダルで艶のある女性を演出して。

黒カットソー×白パンツコーデ

なじませ色全盛の中、潔いブラック&ホワイトのカラーブロックというのもまた新鮮!デコルテをきれいに見せるカシュクールカットソーと合わせれば、フィット&フレアなシルエットが美しい、大人のリゾートスタイルに。

ピンクの袖フレアブラウス×デニムコーデ

ラフなデニムコーデでもトップスを袖フレアブラウスにするだけで、そのしっとりとした光沢感のあるとろみ素材で一気にドレスアップ感が。それでいてシワになりにくいから実は着やすいのも魅力。体に添いつつ、すそにかけてゆるやかに広がるシルエットなので、細身のボトムと合わせると、きれいめスタイリングになって、これぞ大人の週末カジュアル!

甘めの黒ブラウス×ビタミンカラー靴コーデ

デニムを使った春のスタイリングには、足もとを元気が出そうなビタミンカラーでトッピングしてみる。ビビッドな色をもってくるなら、たとえ靴という小さな面積でも効果は絶大なので確実にスタイリングの鮮度を上げてくれる。そしてブラウスのディテールはフェミニンでも、シックな大人ブラックが端正な印象にみせてくれる。

ウエストコンシャスブラウス×黒パンツコーデ

ふんわりふくらんだ袖、きゅっと絞ったウエスト……それだけで十分に女らしいブラウスは、太めのコクーン型のデニムを合わせてしゃれ感をプラス。ハットとデニムサンダルで、カジュアル度はさらに上昇。

ロングカーディガン×パンツコーデ

クールだけど女っぽい、を目ざすなら×ネイビーの濃い色同士の組み合わせで。重く見えないよう、軽やかな素材や小物の輝きで初夏らしさを足して。

■2018年の春夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking