きちんと感があって女らしい。働くアラフォーのジャケットコーデ15選

2018年9月26日
働くアラフォーの頼りになるアイテム「ジャケット」を取り入れたコーディネートを集めました。ジャケットと相性抜群のアイテムとの着こなしを参考にオフィスコーデをアップデートして。
ファッション チェックジャケット×デニムパンツコーデ

1/15

ファッション 紺ブレ×細身パンツコーデ

2/15

ファッション Wジャケット×ジョッパーズパンツコーデ

3/15

ファッション ベージュジャケット×テラコッタブラウン色のブラウスコーデ

4/15

ファッション コンサバジャケット×スニーカーコーデ

5/15

ファッション ジャケット×ボウタイブラウスコーデ

6/15

ファッション カーキジャケット×ストレートパンツコーデ

7/15

ファッション ベージュジャケット×スニーカーコーデ

8/15

ファッション カーディガン感覚で羽織れる薄軽ジャケットコーデ

9/15

ファッション ブラウンジャケット×白シャツワンピースコーデ

10/15

ファッション グレーのワントーンコーデ

11/15

ファッション ノーカラージャケット×ガウチョパンツコーデ

12/15

ファッション ビッグシルエットのジャケット×スキニーデニムコーデ

13/15

ファッション ダブルジャケット×デニムコーデ

14/15

ファッション テーラードジャケット×パンツコーデ

15/15

【ジャケットコーデ1】チェックジャケット×デニムパンツコーデ

Tシャツ+デニムに合わせるだけでサマになる便利さは見逃せない。「セットアップ風の着こなしにも憧れますがそれはやや難易度が高いので(笑)、まずは定番のTシャツ&デニムと。冬になったらコートのインに仕込んで柄をきかせて……無地のワンピに合わせても絶対素敵……と一枚で楽しい妄想が止まりません」

【ジャケットコーデ2】紺ブレ×細身パンツコーデ

トラッド指数の高いチェックパンツも、なじみやすいグレーベースと足首がのぞく丈感なら、マニッシュすぎず着こなしやすい。足もとも、コンサバなフラットパンプスではなく男靴にシフトして、より旬度を上げて。

【ジャケットコーデ3】Wジャケット×ジョッパーズパンツコーデ

パンツの柔らかなニュアンスがジャケパンにこなれ感をプラス。同系色のWジャケットをはおってスーツライクに。マニッシュな着こなしだからこそ、美脚ジョッパーズの女らしさが威力を発揮。

【ジャケットコーデ4】ベージュジャケット×テラコッタブラウン色のブラウスコーデ

注目のチェック柄と相性のいいテラコッタブラウン色。ジャケットやカーディガン、トレンチコートを合わせて……着こなしアイデアは無限に広がる。繊細なギャザーは華やかなうえ、肌に張りつかず快適。

【ジャケットコーデ5】コンサバジャケット×スニーカーコーデ

コンサバに見えがちなジャケットスタイルはスニーカーの色味を変えれば劇的に更新される! さりげなく渋く輝くシルバー小物をプラスして。

【ジャケットコーデ6】紺ブレ×ボウタイブラウスコーデ

ジェーンバーキンも好きそうなデニムと紺ブレのコーデ。インナーをボウタイブラウスにシフトしてみる。ウール、デニムとの異素材合わせでダークトーンに奥行きを与えて。

【ジャケットコーデ7】カーキジャケット×ストレートパンツコーデ

少し太めのストレートが新鮮なバランスのパンツ。ヴィンテージのトラウザーズをイメージし、ワークパンツのディテールをプラス。適度に厚いコットン素材を使用することで、カリッとしたハリのあるシルエットに。

【ジャケットコーデ8】ベージュジャケット×スニーカーコーデ

ジャケットのセットアップを、Tシャツとスニーカーでカジュアルに着くずして。会った瞬間、足もとにきかせたハイテクスニーカーをほめられ上機嫌!

【ジャケットコーデ9】カーディガン感覚で羽織れる薄軽ジャケットコーデ

頑張らないのに断然女っぽいジャケットのさりげない着こなしで、先輩らしい貫禄を。インナーにTシャツ、足もとがスニーカーでカジュアル寄りでも、レーススカートでオフィスコーデ寄りにシフト。

【ジャケットコーデ10】ブラウンジャケット×白シャツワンピースコーデ

ジャケットとの合わせで作るアラフォーならではの抜け感のあるさわやかな通勤コーデ。ゴールドのバッグやパイソン柄のパンプスでピリッと辛口なスパイスを加えてみて。

【ジャケットコーデ11】グレーのワントーンコーデ

グレーのスカートに同系色のジャケットを合わせてセットアップ風に。インのTシャツも白や黒ではなくグレーでそろえれば上品で真面目な印象に。

【ジャケットコーデ12】紺ジャケット×きれいめチノパンコーデ

ノーカラージャケットとリブのボートネックの組み合わせは、顔まわりをすっきり見せるバランスがお気に入り。シンプルでも寂しく見えないよう、白パールのネックレスを襟もとになじませつつ、立体感をプラスしてみて。

【ジャケットコーデ13】ビッグシルエットのジャケット×スキニーデニムコーデ

白シャツとブラックスキニーのデニムのシンプルシックなコーデには、さっと肩にジャケットをかけて、ハリウッドセレブたちを意識。ただおしゃれなだけではなく、二の腕のぽっちゃり具合をカバーしつつ華奢な印象にしてくれる。

【ジャケットコーデ14】ダブルジャケット×デニムコーデ

アンクル丈のカットオフデニムには、ダブルジャケットでカジュアルの中にもフォーマル感をプラス。ジャケットを脱いでも、ジュエリーと時計、一点きかせた足もとのオレンジが女性らしさを醸し出してくれる。

【ジャケットコーデ15】テーラードジャケット×パンツコーデ

気負わずモダンに見えるモノトーンのニット&パンツスタイルで出社。下に重ねたボーダーが、抜け感をプラスするアクセント。冷え性の足もとを守るためにもブーティですっきりとさりげなく温めて。
■2018年秋のファッション情報もチェック

What's New

Feature

Ranking