2018年11月の記事ランキングTOP20を発表!【2018年秋冬ファッション総まとめ】

2018年12月15日
秋も深まりおしゃれが楽しい11月。コートなどのアウターやニットがそろそろ欲しい季節。この秋冬選ぶべきアイテムやおすすめのコーディネート、定番のオフィスコーデ記事などがランクイン!平成最後の11月に人気だった記事を総まとめ。

清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし。グレー系やブラウン系のトレンドを経て、今季はネイビーを指名買いする人多数。長め丈でシックに着られるものが人気。

表面を叩いたような質感が、モダンな印象を放つジュエリー。シックで深みのある色合いが魅力のラピスラズリとオニキスだから、カジュアルを大人っぽく仕上げてくれる。

ノーカラーのジップアップデザインで、ダウンの量やステッチの入り方が計算されているためボリューム感が出すぎずすっきり着られる。もちろん素材はダウンだから暖かさは十分。レーススカートと合わせた、こんなフェミニンなカジュアルに仕上げるのがおすすめ。

体のラインの見え方や配色に気を配り、シャープな女らしさを目ざすことで、ぐっとこなれて見える!ふわふわとした量感が特徴の毛足の長いシャギーニットには動きのあるニュアンスやクリアな色を加え、NOTほっこりに。

トラッドブームの影響で、大人になった今、改めてダッフルが着たいという声が続々。あえて白やベージュなのど柔らかい色で脱・スクール風に取り入れるのが肝。

数あるきれい色ニットの中から、アラフォーの肌をくすませず、ぱっと顔映りのいい寒色系のレンジを編集部が厳選!

毎年たくさんの新商品が発売されるタイツ。アラフォーこそ更新が必要です!

同じダークグレーでも透け感や質感が変われば、まったく違う表情に。

合わせやすく飽きのこないベーシックカラーだけど、ひと味違う女らしさや抜け感が手に入る格上げブーツをベストコーデで紹介。

今年は、昨年にも増して丈の長いボトムがはやっていることもあり、いかにスタイルよく見せるかが大きな課題に。悩み多きアラフォーは何を選び、どう履くべき?

スタイルアップ効果を狙うなら、やっぱり5.5㎝以上のハイヒールにかなうものなし。安定感を高めるヒールまわりの工夫やクッションを施した機能的なインソールを狙い撃ち!

一枚で華やかに着映えするトレンドニットを主役に、旬デニムで着こなしを女っぷり高く盛り上げて!

アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。

黒ブーツは秋冬コーディネートのマストアイテム。ピンヒールやポインテッドトゥなど女らしいブーツに投資するならこの4足!

上半身がきれいに見えるシンプルなミドルゲージニットさえあれば、気になるトレンドボトムに挑戦してもコーディネートがしっくり決まる。今季は身頃にゆとりがあり、少し長め丈ですその位置を調整しやすい"ほどゆる"タイプが使える!

正統派な黒タートルの袖から見せたのは、繊細な黒のレースブラウス。このさりげないレイヤードが、ほんのり光沢のあるパープルパンツとのエレガントな"つなぎ"としてきいてくる。黒のバレエ靴で甘さもひとさじ。

ナイキ、ニューバランス、アディダス オリジナルス、コンバース。この秋も絶対活躍してくれる4ブランドから、ショップマリソルが選んだ大人のスニーカーをご紹介!

マリソル世代が仕事服に求めるもの――きちんと感、清潔感、ほどよいトレンド感、快適な着心地。「エムセブンデイズフォーオフィス」なら、そのすべてがかなう!ジャケット、パンツ、コートをご紹介。

マリソル編集長イシダが5.5cm以上ハイヒールを全部試着して、そのはき心地を検証!

「世界で最も美しい乗馬ブーツ」とも評されるサルトルのアイコン的存在。絶妙なシルエットにバックのクロスベルトがモダン。360度どの角度から見てもパーフェクトな美しさ。

※2018年11月集計

※商品は販売終了している場合があります

What's New

Read More

Feature

Ranking