週末は家でゆっくり韓流ドラマがいい!絶対にハマる大ヒット・ドラマたち|韓流ドラマまとめ第1回

展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。オンラインで配信されている作品も多いので、お家に籠ってじっくり堪能…なんて週末もいいですね! 続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、マリソルオンラインライブラリーからご紹介します。

▼紹介してくれたのはこの人!

桂まり ● かつらまり 

桂まり ● かつらまり 

韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを紹介します!」

①超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」

話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」
「太陽の末裔」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」のイ・ウンボク監督、キム・ウンスク作家の新ドラマ「ミスター・サンシャイン(原題)」。ため息が出るほど美しい映像、役者の存在感にも心奪われます。Netflixでの「秘密の森」、「刑務所のルールブック(賢い監房生活)」に続く、韓国放映とほぼ同時配信でも話題となっている作品です。

◾️出演者たちのインタビュー

話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」

Q.俳優たちのキャスティング理由は?

A.(イ・ウンボク監督)キャスティング理由は別になく、全員偉大な俳優の方々に出会えたと思います。イ・ビョンホンさんがあまりにも好きな俳優だったので、キャスティングする時からワクワクしてたんですが、一回で承諾いただき、光栄でした。

話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」

Q.この作品を選んだきっかけ

(イ・ビョンホン)イ・ウンボク監督とキム・ウンスク作家のドラマなのにやらない理由がなかった。私はタ―ムは長いんですがドラマには続けて出演してきています。なので今回のドラマも参加することになりました。

(キム・テリ)作家と監督だったと思います。シナリオを見ていない状況で、こういうキャラクターなのですがあなたに任せたい、という話をしていただき、その場で参加してみたいと思いました。

(ユ・ヨンソク)既に作家と監督のドラマが好きだったので、叶わない愛の辛さを持ったキャラクターという話を聞き、挑戦してみたいと思いました。

(キム・ミンジョン)私は他の人が全てキャスティングされた後、撮影が開始されてから参加することになりました。台本を読みながら、久しぶりにときめく感じを受けました。台本もおもしろく共演俳優の方々も良く、拒む理由がありませんでしたから。撮影が開始されてから参加することにした作品は初めてで、また違ったときめきとワクワク感があり、俳優としてさらに成長する機会になったと思います。

(ビョン・ヨハン)イ・ウンボク監督とキム・ウンスク作家に会い、その魅力に惹かれ参加することになりました。この選択ついて後悔は全くなく、他の先輩たちと一緒に仕事をしながらたくさんのことを学んでいます。

話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」
話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」

Q.キム・テリさんの役割が非常に主体的、積極的なキャラクターです。俳優としてどのように表現してきているのでしょうか。

(キム・テリ)知らない人はいない名門家の娘であり、国を救おうという闘志で活動する人物です。とても皮肉な人物であり、複雑な人物だと思います。監督に相談もして、さまざまな側面からキャラクターをとらえようと努力しています。

©️Korea Tourism Organization ©️tvN 韓国観光公社 ロケ地撮影/桂まり
※この記事は2018年9月3日に公開したものです

②タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日、キミと」

②	タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日、キミと」

◾️「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。
タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日、キミと」シン・ミナさん

Q.タイムトラベルラブコメディ、「明日、キミと」に出演を決めた理由はなんですか?

A.マリン(役名)が正直なキャラクターだからです。それから、斬新とも思える、ソン・マリンのキャラクターに魅力を感じました。

Q.この作品の見どころは?

A.タイムトラベルがテーマのファンタジードラマですが、実際の内容は、とても現実的な夫婦の姿が描かれているんです。ドラマの中盤からは事件を中心に話が進み、ソジュン(イ・ジェフンさんが演じた役名)は事件の解決に奔走して、マリンはそんな彼を見守る、魅力的な展開になっています。なので、最後まで楽しんでいただけると思います!登場人物のキャラクターがはっきり描かれていて、それもこのドラマの見どころだと思います。

Q.イ・ジェフンさんとの初共演はいかがでしたか?

A.ジェフンさんは、とても真面目で、本当に一生懸命な方です。イタズラ好きな一面もありました。相性はよかったですよ。現場では監督と、ジェフンさんと私で、“もっと面白くしよう!”と、よく相談していました。とても有意義な時間を過ごせましたね。また機会があれば、ジェフンさんと、他の作品でもぜひ共演してみたいです。

※この記事は2018年1月12日に公開したものです

◾️「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。
タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日、キミと」演技派俳優、イ・ジェフンさん

Q.タイムトラベルラブコメディの「明日、キミと。」を選んだ理由は?

A.いろいろありますが、一番大きな理由は、以前から共演したいと思っていたシン・ミナさんとの共演です。またタイムトラベラーという設定も興味深かったのでぜひ出演したいと思いました。ラブコメディーは今作が初めてだったので、期待に胸を膨らませながら撮影に臨みました。

Q.この作品の見所はどんなところですか?

A.僕が以前出演したドラマ、「シグナル」は無線機を通じて現在と過去がつながることで、現在と過去の未解決事件を追う話でした。今作は現在を生きながら、未来に行けるという設定です。未来の自分に起きることを受け入れられない時、現在で変えてしまいたいという心理は興味深いですし、視聴者にも共感してもらえると思います。個人的には今作で初めて挑戦したラブラブなシーンにもぜひ注目していただきたいです!

Q.過去にとらわれたナイーブな役が魅力的だったシン・ミナさんですが、共演はいかがでしたか?

A.最初はこんなにもきれいな女優さんと、親しくなれるか心配でしたが(笑)、先にミナさんから声をかけてくれて。同じ歳なのもあって、撮影が進むにつれて何でも話せるようになりました。僕は撮影の序盤は緊張してしまうんですが、ミナさんのおかげでリラックスして臨めたんです。とても感謝してます。

※この記事は2018年1月12日に公開したものです

③サスペンスの沼にハマる「秘密の森」

またもや、ハマってしまった。毎話終わり場面に「えええええっ!」と声を上げてしまうほど、止まらなくなる全16話のサスペンスドラマ。「映画より映画」と称賛されるなど、いま最も話題の大ヒットドラマが、この「秘密の森」です。
サスペンスの沼にハマる「秘密の森」
ファン・シモク検事役のチョ・スンウさん
観終わった後も、その余韻に浸れる、「秘密の森」は素晴らしくよくできた作品だ。舞台や映画で活躍、ドラマ「馬医」などでも知られるチョ・スンウさんと、映画女優として活躍してきたレッドカーペットの常連、”世界の”ペ・ドゥナさん(最近ルイ・ヴィトンの広告にも起用された)の共演というだけでも贅沢なのに、脚本がまた秀逸。最初から最後までジリジリ、ドキドキさせてくれるサスペンスドラマで、最近、タイムスリップものなどファンタジックなストーリーのドラマが多かったため、リアルな脚本がまた新鮮だった。
サスペンスの沼にハマる「秘密の森」
ハ・ヨジン刑事役には、ペ・ドゥナさんという豪華キャスト!
感情を失った検事と、人情味あふれる熱血刑事が殺人事件の真相に迫る。鍵を握る同僚検事役は、「ああ、私の幽霊さま」、「彼女はキレイだった」、「青い海の伝説」、「ドキドキ再婚ロマンス〜子供が5人」などで注目しているシン・ヘソンさんだ。そして、後半、なんと「トッケビ」にも小さな役で出ていた友人がまた登場!「短いのによくわかったね笑」と言われましたが、そんなこともあり、このドラマにもまた勝手に親近感(?!)。とにかく、新たな扉を開けてしまったような、衝撃の完成度。観るべし!!
サスペンスの沼にハマる「秘密の森」
ヨン・ウンス検事役のシン・ヘソンさんと、ソ・ドンジェ検事役のイ・ジュニョクさん
写真提供・Netflix
※この記事は2017年8月2日に公開したものです

④心を奪われるほど面白い!「シグナル(原題)」

「こんなに面白くていいのかしら?」と思ってしまったくらい、心奪われた作品です。
心を奪われるほど面白い!「シグナル(原題)」
テレビドラマとは思えない、映画のごとく完成度の高い珠玉のドラマ。過去と現在のふたりの刑事を無線機がつなぎ、次々と未解決事件を解決して行くサスペンスドラマで、キム・ヘス、イ・ジェフン、チョ・ジヌンら、俳優たちの息を飲む演技はもちろん、韓流ドラマ独特の展開のスピーディーさ、ぐっと引き込まれる緻密な脚本(「ファントム」や「サイン」の人気脚本家キム・ウニによるものです)、社会現象となった名作「ミセンー末生ー」のキム・ウォンソクのこだわりつくした演出の、魔法がかかった全16話。
心を奪われるほど面白い!「シグナル(原題)」キム・ヘス
キム・ヘス
もちろん、視聴率も並外れて高く、第52回百想芸術大賞で、作品賞、脚本賞、主演女優賞(キム・ヘス)の3冠を獲得。ドラマをあまり観ない人たちをも釘付けにした作品で、このドラマを見て、ひとつだけ困った事といえば、こんなに高いクオリティのドラマを観てしまうと、視聴者はもっと良い作品を求めてしまうだろうな、と思ったこと。とにかく制作者の情熱が伝わるこの作品、お見逃しなく!!!
心を奪われるほど面白い!「シグナル(原題)」イ・ジェフン
イ・ジェフン
主演のひとり、イ・ジェフンは、ドラマ「ファッション王」、映画「建築学概論」、映画「パバロッティ」、ドラマ「秘密の扉」でも存在感があり注目しています。現在「明日あなたと」という、シン・ミナ共演のファンタジードラマの撮影中だそう。「ああ、私の幽霊さま」、「ナイショの恋していいですか!?」のユ・ジェウォン監督ということで、こちらも楽しみです!
心を奪われるほど面白い!「シグナル(原題)」チョ・ジヌン
チョ・ジヌン
※この記事は2016年10月4日に公開したものです

▼あわせて読みたい

  • ヨ・ジングさん、IUさんと共演で話題の「ホテルデルーナ」を語る

    名子役からヒットメーカーとなった俳優ヨ・ジングさん。春に来日した際に撮影中だと話してくれたドラマ、「ホテルデルーナ(原題)」の日本初放送が始まります!ちょっとミステリアスでチャーミングなホテルデルーナの社長を演じたIUさんは、”国民の妹”と親しまれる歌姫ですが、女優としてもファンを魅了。演技派で個性豊かなキャストの熱演に加え、イ・ジュンギさん、キム・スヒョンさんなど、カメオで登場する豪華な俳優陣にも注目です。誰もが認める好青年のジングさん、エリートホテリアー姿がまたしっくり!!ファンタジーの中にも考えさせられるメッセージがちりばめられていて心に響くドラマとなっています。ちなみにこちらは「ドクターズ〜恋する気持ち〜」、「あなたが眠っている間に」のオ・チュンファン監督脚本作品。OST(挿入歌)も良いのでお見逃しなく!

  • 「検索ワードを入力してください:WWW」など、ケーブルテレビ局のドラマが台頭!

    一世を風靡したコン・ユさん主演の「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」しかり、話題作を続々と世に出している韓国のケーブルテレビ局tvN。音楽番組で定評のあるMnet、やはり、日本でもリメイクされた「ボイス」シリーズなどの良作で知られるOCNも、tvNと同じくCJ ENMが運営しています。そして最近のtvNドラマのお勧めといえば、イム・スジョンさん、チャン・ギヨンさんらを時の人にした「検索ワードを入力してください:WWW(原題)」。働くアラフォー女子たちのこのドラマは、日本でもMnetで現在放映中です。映画のように映像も美しく、観る者を虜にするケーブルテレビ局のドラマたちから目が離せません!

  • ブロックバスターが続々公開!韓国映画が再び熱い

    「韓流ドラマは長すぎて、、、」という方々に、お勧めしたいのが映画!この秋から心に響く話題作が目白押しなので、いくつか紹介したいと思います。まずは、韓国での公開直後の6月にソウルで観た『パラサイト 半地下の家族』。5月のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督のこの話題作は、期待をはるかに上回りました。スクリーンから役者の体温や匂いが伝わってきそうな迫力で、そのストーリーにただただ圧倒されっぱなし。笑えて、そして切なく、なんとも言えない余韻が残ったこの映画は、来年1月に日本公開が決まっています。6月にソウルでインタビューをしたキム・ジェウクさんも、マリソル読者に推薦してくれた作品です。

What's New

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

  • 「サイコだけど大丈夫」、『最も普通の恋愛』も! この夏観るべき韓流ドラマ&映画はこれ

    韓流ドラマ好き友人たちとの最近の話題は、Netflixで毎週土日に世界同日配信中の「サイコだけど大丈夫」。「星から来たあなた」で韓ドラの沼にハマったファンも多いので、キム・スヒョンさんの除隊後復帰作でもあり、まさに5年ぶりの主演となるこのラブコメは待望の期待作!また、韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編で、ヨン・サンホ監督作品、カン・ドンウォンさん主演のカンヌ国際映画祭にも招待された『半島』が7月15日の公開初日に35万人を動員!!日本の夏も「梨泰院クラス」のパク・セロイこと、パク・ソジュンさんの『ディヴァイン・フューリー 使徒』、『最も普通の恋愛』、『鬼手』など話題作が続々公開予定です。『パラサイト 半地下の家族』「愛の不時着」で韓流デビューした皆様にもお勧めしたい、ドラマ、映画、DVDのマストリストをお届けします!

    韓流NEWS

    2020年7月17日

  • 超話題作「夫婦の世界」、キム・ヒエさんの怪演に引き込まれる!

    完璧だと思っていた世界が、夫の不倫で瞬く間に崩れていく。進化し続けるベテラン女優、キム・ヒエさんが主演のBBCドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクが、超話題作「夫婦の世界」。「ミスティ〜愛の真実〜」のモ・ワンイル監督というだけあり、濃密で見応えのある作品です。5月に韓国で放送された最終回は、31.7%というケーブルテレビ史上最高視聴率を記録した大ヒットドラマ。激戦だった今年の百想芸術大賞でも監督賞と主演女優賞も見事に受賞しました。7月10日(金)からKNTVで日本初放送がスタート、7月3日午後7時から24時間限定オンライン試写会も!お見逃しなく!!

    韓流NEWS

    2020年7月1日

Read More

Feature

Ranking