ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

イケメン俳優からパワーを!気分が上がる韓流ドラマたち|韓流ドラマまとめ第2回

素敵な人を観ていると、自然とパワーがもらえますよね!今回は、イケメン俳優が出演する韓流ドラマのご紹介として、イケメン韓流スターのインタビューをマリソルオンラインライブラリーからお届け!お気に入りの作品を見つけてくださいね。気持ちが落ち着かない日々やちょっぴり疲れた心を、韓流ドラマで吹き飛ばしましょう。すべての作品がNetflixで鑑賞いただけます。

▼紹介してくれたのはこの人

桂まり●かつらまり

桂まり●かつらまり

韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めをご紹介します!

①「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」で年下の彼を演じ人気急上昇、チョン・ヘインさんインタビュー

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「あなたが眠っている間に」「刑務所のルールブック(原題:賢い監房生活)」などで注目され、さらに、ワンシーン、ワンシーンが絵葉書のように美しい、ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」でソン・イェジンさんと共演して大ブレイク。目下絶大な人気を誇る若手俳優チョン・ヘインさん。仔犬のような塩顔の癒し系の彼は、まさに無敵の時の人。好感度の塊で、CM王にも躍り出ました。話題作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のプロモーションで来日した彼にインタビュー!
チョン・ヘインさん

Q.「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」はヘインさんにとってどんな作品になりましたか?

A.撮影の間中、瞬間瞬間が幸せだった、愛について深く考えさせられる時間でした。一生忘れられない大きな意味のある作品になりました。

Q.「妻の資格」「密会」などアン・パンソク監督の他の作品もご覧になりましたか?

A.この作品に出演することになってから「密会」を観ました。アン監督はこんな風に演出されるんだなあ、と知った上で撮影に臨みました。

チョン・ヘインさん

Q.アドリブは多かったですか?印象的なシーンは?

A.序盤は台本通りに演じていたんですが、中盤、後半につれて多くなりました。印象的で記憶に残っているのは、ジナと互いの気持ちを確かめ合えた手をつなぐシーンです。

Q.役柄とご自身と似ているところはありましたか?

A.すごくありましたよ。色々あるんですが、真面目で正直で、年齢よりも大人びたところとか。

チョン・ヘインさん

Q.「トッケビ」、「あなたが眠っている間に(原題)」、「刑務所のルールブック(賢い監房生活)」、そして主演のこの作品。素晴らしい作品が続きましたが、作品選びで大切にしていることはありますか?

A.出演作品を自分で選ぶのが大切ですよね。心に響く脚本に出会えば決めています。いい作品が続いたのは運が良かったからだと思っています。

 

※この記事は2018年7月6日に公開したものです

② 「仮面の王 イ・ソン」主演、名品俳優ユ・スンホさんインタビュー

7歳でドラマデビュー、10歳の頃公開された映画「おばあちゃんの家」で国民的名子役としてスターに。高校一年生で時代劇「善徳女王」の王子チュンチュを演じ、子役から見事に脱皮しました。以後たくさんの作品で活躍しているユ・スンホさんは今24歳。優しく、笑顔を絶やさず、こんなに美しい人間がいていいのかと思ってしまうほどで、眉目秀麗とは彼のためにあるよう。NHK BSプレミアムでも放送され人気を博した時代劇「仮面の王 イ・ソン」で主演、そのDVDのリリースに合わせ、来日した彼にインタビュー!
ユ・スンホさん

Q.「仮面の王 イ・ソン」でMBC「2017演技大賞」最優秀演技賞も受賞されて、子役時代からの長い演技生活の中でも特別な意味がある作品になったのでは?

A.大きな賞をいただいたことにはとても感謝していますが、僕だけがひとりでいただくのは正直恥ずかしく申し訳ない気分でした。ひとりで作り上げることのできた役ではなかったからです。肉体的に苦労した役(撮影後体重が7キロも減っていたそう)で難しくもあり、荒々しく大変な場面も多かったんです。それでも逆境に打ち勝っていく王子を演じることで、これまで感じることができなかった悲しみや怒りといった感情をこの作品を通してさらに深く知ることができ、僕にとってとても素晴らしくありがたい作品になりました。

Q.この作品は韓国で大ヒットしましたが、海外でもとても注目されていますよね?

A.海外で認めてもらえることは、すごくいいことだと思います。7ヶ月間大変な思いをして演じきった、自分としても満足のいく作品なので、ぜひ多くの方に観て欲しいです!

ユ・スンホさん

Q.名品俳優と言われるスンホさん。次はどんな役に挑戦したいですか?次回作は決まってますか?

A.次回作はまだ決まってないのですが、(現時点ではどうですかね?要確認)この作品とは相反するリラックスした気分で見ることのできる軽やかなロマンスを挟んだので、暗いところのある重い作品、スリラーもいいですね。

Q.王子役がいつもはまり役ですが、普段のユ・スンホさんはどんな人?

A.僕は特段これといったところのない平凡な24歳のひとりの男です(笑)。食べることが好きで、仕事に行くのが嫌な(笑)。得意なこともないですし。

ユ・スンホさん

Q.どこから見ても好青年を絵に描いたようなスンホさん。苦手なことはあるのでしょうか?

A. ー恥ずかしいくらい勉強が苦手です!(笑)

※この記事は2018年8月1日に公開したものです

③ 「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー

俳優キム・ミョンスとしても活躍するアイドルグループINFINITEのエルさん。NHK BS プレミアムでも放送され話題となっている時代劇「仮面の王 イ・ソン」ではユ・スンホさんと共演。貧しい水売りの少年が王の影武者となる難しい役を熱演して注目されました。ちなみに、この美しい演技派二人の共通点は猫好き。2人とも(猫に仕える)執事の身なのだとか。グッと引き込まれるストーリー展開の物語と彼らの熱演を、ぜひ堪能して!
シン・ウォンホ(CROSS GENE)さん

Q.深い感情を持ち、感情の振れ幅の大きい役に没頭されて、カットがかかっても集中が切れなかったと孤高の王子役のユ・スンホさんが感心していたそうですが、撮影中、日常との切り替えは難しくなかったですか?

A.現実の僕は何かに執着するタイプではないんですよ、欲しいならひとつだけ、シリーズで集めたりもしないし。でも演じたイソンは、カウン(キム・ソヒョンさん演じるヒロインで、聡明な良家の娘)に執着するんですよね。なので、日常との切り替えは難しくなかったです。

Q.この作品での演技で、MBC「2017演技大賞」で闘魂演技賞、視聴者が直接選ぶ人気賞も受賞されて、脚本が殺到しているのでは?

A.まず、この作品の中のイソンという役で、友情や心の呵責、愛する人を偲ぶキャラクターを演ずることができ、賞までいただいて感謝しています。時代劇というジャンルに初挑戦した作品で、僕の演技の幅において、もっとも大きい、これまでに出演した作品の中でいちばん大きな影響を与えてくれた作品。僕自身としてはそう思います。

エルさん(INFINITE)

Q.ドラマ挿入歌OSTにも参加しましたよね?

A.僕が歌ったOSTの歌詞を聞いていただくと、演じたイソンの内容がすべて盛り込まれています。『僕じゃなくてもいい(ネガ アニオド チョア)』という曲名なのですが、そこにカウンに対する僕の思いがすべて込められているので、レコーディングのときはとても感情移入して歌うことができました。OSTを歌った方はみなさんそうだと思いますが、この曲を歌ったことによって、演技について、作品やカウンについて、さらに深く考えることができる機会になったと思います。

Q.共演してみたい俳優、国内外の好きな映画、ドラマ、よく聴くアーティストはいらっしゃいますか。

A.坂口健太郎さんと共演したいですね。韓国のドラマが原作の日本版「シグナル」で主演されたんですよね。映画「君と100回目の恋」を観て、1日を幾度も体験するという、僕が出演したドラマ「君を守りたい〜ONE MORE TIME〜」にちょっと似ているところがあって興味深かったです。日本の映画では、「世界の中心で、愛を叫ぶ」も印象的な作品でした。よく聴くアーティストと曲は、INFINITEの新曲「Tell Me」です(笑)。

エルさん(INFINITE)

Q.前回のインタビューでも掃除が特技とおっしゃってましたが、瞑想や気分転換的な意味もあるのでしょうか?癒しアイテムはありますか?

A.確かに、片付ける、捨てるというのは、気分転換したり、考えをまとめたり、リセットするのに役立ってると思いますね。掃除をしながら音楽も聴いていて、ヒーリングにもなっているのかも。だから、音のあまりしない良い掃除機と良い音響機器にすごく関心があって、それが癒しアイテムです(笑)!今回のドラマ撮影では、地方に行くことが多かったんですね。聞慶(ムンギョン)、扶安(プアン)、潭陽(タミャン)など、本当にいろいろな場所をめぐったのですが、地方ごとに名物があるじゃないですか? おいしいものをたくさん食べながらストレスを解消しました(笑)。食べることがストレス解消になりました。

 

※この記事は2018年8月17日に公開したものです

④ 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!
チェ・ジニョクさん

Q.3年ぶりの出演作にこの作品を選んだいちばんの理由は?ファンタジー、サスペンス&ロマンスで魅せる作品で、正義感あふれ、温かく人間味のある熱血パク・グァンホ刑事を演じてみていかがでしたか?

A.タイムスリップって、普通に考えたらありえない話なので、一生分の想像力を使って臨んだ作品です。台本がとても面白かったし、新鮮だったので選んだんです。自信があったたわけではなく、正直、難しい役でしたが、演技をする者にとっては、挑戦したいと思わせる魅力的な作品でしたね。ひとりで背負っていかなくてはいけない要素が多く、ひとりで苦悩も徹夜もたくさんしたドラマでした。ファンタジーサスペンスは観るのは好きですが、俳優として表現するのは難しかったですね。でもそのぶんやりがいがありました。

Q.ユン・ヒョンミンさん、VIXXのエンさんとの共演はいかがでしたか?

A.元プロ野球選手だったヒョンミンさんは、演技に対しても情熱的、渇望もあって、性格も合ったし、年も近くて楽しく撮影できました。(ヒョンミンさんは、次作の「魔女の法廷」も大ヒット、こちらも乗りに乗っている)エンさんとは、1回しか撮影が一緒にならなかったのですが、演技が好きな人なんだな、と思いました。

チェ・ジニョクさん

Q.このドラマでは一目惚れする役ですが、ご自身は一目惚れする方ですか?

A.20歳の頃の初恋以外は、一目惚れはないです(キッパリ)。

Q.役者としての強みはどんなところにあると思いますか?

A.僕は、似合わない役がないと思うんです。似合う役が多く、こなせる役が多いのが強みですかね。情熱を持って一生懸命取り組み、頑張るエネルギーが、人よりたくさんあると思ってます。ただ、童顔の人が羨ましいです。僕、ソン・ジュンギさんと同じ年なんです。(笑)(ここで、スタッフ全員が、え〜っ?笑)

チェ・ジニョクさん

Q.苦手なことや、足りないと思うところはどんなことですか?

A.足りないのは、「ルックス」。(もちろんここでもまたスタッフ全員が、え〜っ??冗談なんですよね笑!)苦手なことは料理です。

 

 

※この記事は2018年1月5日に公開したものです

⑤ 王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー

泣く子も黙る美男美女、イ・ミンホさん、チョン・ジヒョンさんの大スター二人が共演の大型ヒットドラマ「青い海の伝説」。韓国に伝わる人魚物語をモチーフにしたファンタジーラブロマンスもので、脚本は「星から来たあなた」、「棚ぼたのあなた」、「逆転の女王」のパク・ジウンさん、演出は「華麗なる遺産」のチン・ヒョクさん。コミカルな演技もチャーミングなチョン・ジヒョンさんの、シャネル、セリーヌ、ステラ マッカートニー、ミュウミュウなどハイブランドの着こなしもとっても素敵で、ファッションウォッチングも楽しい。スペインやパラオでもロケをしていて、まさに眼球浄化、美しさのスケールが段違いだ。この作品で、天才ハッカー、テオ役を演じたのが、人気グループCROSS GENEのシン・ウォンホ(SHIN)さん。本人もキャスティングされた時には想像できなかったという展開で、久しぶりのドラマ出演から、大きな収穫があったと、流暢すぎる日本語で語った。
シン・ウォンホ(SHIN)さん

Q.「青い海の伝説」は、ウォンホさんにとってどんな作品になりましたか?ドラマの見どころは?

A.4年ぶりのドラマ出演で、迷いのあった自分に、はっきりとした道を決めてくれた、大切な作品になりました。久しぶりの演技で、緊張しすぎて何もできないほどだったんですが、イ・ミンホさん、イ・ヒジュンさん、チョン・ジヒョンさん、先輩たちが僕をフォローしてくださって、無事に撮影を終えることができたので、これからも恥ずかしくない後輩でありたいと思ってます。ドラマの見どころは、テオの可愛い顔です(笑)。

Q.「イ・ミンホさん、チョン・ジヒョンさんとの共演はどうでしたか?現場の雰囲気は?

A.現場は楽しかったです。スターの本当の姿を、皆さんと同じ立場で僕も知りたいな、と思ってたんです。本当は性格が悪いんじゃないか、冷たいんじゃないかとか(笑)。でも実際にお会いしたら、優しい方々で、人として、役者として学ぶことがたくさんある方々で、夢を持たせてくれる先輩たちでした。

シン・ウォンホ(CROSS GENE)さん

Q.「イ・ヒジュンさんとのシーンは、アドリブがあったりしましたか?

A.イ・ミンホさんとチョン・ジヒョンさんがロールモデルだとしたら、イ・ヒジュンさんは僕にとって、”かっちり先生”でした。「僕がこうするから、こうやった方がいいよ」とか、先生みたいに指導してくださって。今でも仲が良いです。「教えた本を読んでる?」とか「練習してる?」とか聞いてくれたり。家にも遊びに行ったんですよ、奥さんがトップモデルのイ・へジョンさんで、僕のファンなんです(笑)。

Q.「「ドキドキ再婚ロマンス~子供が五人」、「秘密の森」でも大活躍のシン・ヘソンさんとのシーンで、思い出に残っているエピソードはありますか?

A.撮影は、チームがいくつかに分かれていて、シン・ヘソンさんと一緒のシーンは実際は、ちょっとしかなかったんです。ドラマの展開が面白かったので、もう少し仲良くなった状態で臨めたらよかったんですが、監督にもじゅうぶん表現できたと言ってもらえてよかったです。

シン・ウォンホ(CROSS GENE)さん

Q.「子役のシン・リナさんは、「被告人」でも共演者たちのハートを溶かしていたようですが、いかがでしたか?

A.リナちゃんは人見知りが激しいほうなんですが、僕のことがいちばん好きって言ってくれたんです。初めはみんなをおじさんて呼んでいたんですが、僕だけ、年齢差20歳ですけど、オッパ(お兄さん)と呼んでくれたんですよ~(笑)。子供に人気があるんです、僕、そこには自信があります(笑)!!

 
※この記事は2017年11月15日に公開したものです

▼あわせて読みたい

  • 週末は家でゆっくり韓流ドラマがいい!絶対にハマる大ヒット・ドラマたち

    展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。オンラインで配信されている作品も多いので、お家に籠ってじっくり堪能…なんて週末もいいですね! 続々登場するライジングスターたちもからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、マリソルオンラインライブラリーからご紹介します。

  • ヨ・ジングさん、IUさんと共演で話題の「ホテルデルーナ」を語る

    名子役からヒットメーカーとなった俳優ヨ・ジングさん。春に来日した際に撮影中だと話してくれたドラマ、「ホテルデルーナ(原題)」の日本初放送が始まります!ちょっとミステリアスでチャーミングなホテルデルーナの社長を演じたIUさんは、”国民の妹”と親しまれる歌姫ですが、女優としてもファンを魅了。演技派で個性豊かなキャストの熱演に加え、イ・ジュンギさん、キム・スヒョンさんなど、カメオで登場する豪華な俳優陣にも注目です。誰もが認める好青年のジングさん、エリートホテリアー姿がまたしっくり!!ファンタジーの中にも考えさせられるメッセージがちりばめられていて心に響くドラマとなっています。ちなみにこちらは「ドクターズ〜恋する気持ち〜」、「あなたが眠っている間に」のオ・チュンファン監督脚本作品。OST(挿入歌)も良いのでお見逃しなく!

  • 悪霊払いの神父役に挑む!「客-ザ・ゲスト-」のキム・ジェウクさんインタビュー

     キム・ジェウクさんといえば、「ボイス~112の奇跡~」、「愛の温度」、「客-ザ・ゲスト-」と話題作が続き、ラブコメ「彼女の私生活(原題)」の放送が韓国で終了したばかり。不動の人気を誇る大注目の俳優です。多忙を極める彼に、「客-ザ・ゲスト-」の日本でのDVDレンタル開始に合わせ、ソウルでお話をうかがって来ました。サイコパスを演じたかと思えば、ロマンスもので視聴者の心を溶かす、目が離せない存在のジェウクさん。昨年は日本の映画『蝶の眠り』で中山美穂さんと共演し、日本でもさらに脚光を浴びました。なかでも、韓国の友人がどっぷりハマったと教えてくれた「客-ザ・ゲスト-」は、とにかく興味深いドラマ。ジェウクさんが司祭役、2007年の「コーヒープリンス1号店」以来の共演となったキム・ドンウクさんが霊媒師役、「リターン」でも注目された女優、チョン・ウンチェさんが刑事役で共演しています。さすが、「ボイス~112の奇跡~」のキム・ソンホン監督の作品なだけに、映画のような映像、息を飲む展開、そして深く考えさせられるドラマになっているので、ぜひ、です。ジェウクさんは流暢でなめらかな日本語で、真摯に質問に受け答えしてくれました。

 

What's New

  • 「偶然見つけたハル」の注目株イ・ジェウクさんに大接近!!

    視聴者による人気賞も受賞した話題作「偶然見つけたハル」で、SF9のロウンさん演じるハルのライバル、ベクヒョンを演じたのがスーパールーキー、イ・ジェウクさんです。ストリートファッションをまとい軽やかにスタジオに登場した彼は、フレッシュな魅力のオーラに包まれていました。「アルハンブラ宮殿の思い出」でデビュー。「恋愛ワードを入力して下さい〜Search WWW〜」の若手俳優役で注目され、「偶然見つけたハル」でも心に傷を負い、ヒロインに冷たくあたってしまう青年を繊細に演じ、その存在をアピール。「天気が良ければ訪ねて行きます」を経て、最新作「ドドソソララソ」では初主演を果たしました。その撮影現場には事務所の先輩、あのヒョンビンさんからコーヒーカーの差し入れも!この愛すべきニューカマーは、「偶然見つけたハル」でロウンさんとともにMBC演技大賞新人男優賞を受賞、百想芸術大賞でも新人男性演技賞にノミネートされ、11月29日には2020Asia Artist Awardsで「夫婦の世界」のハン・ソヒさんとともに新人賞を受賞、快進撃を続けています。そんなジェウクさんの素顔に大接近です!

    韓流NEWS

    2020年12月1日

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

  • 待望のアーティストデビュー!イ・ミンヒョクさんに聞くK-POP&K-Beauty

    12歳から両親の仕事の関係で日本在住であり、ダンサー、イベントMC、youtubeの活躍などで注目されているマルチタレント、イ・ミンヒョクさん。人気大型オーディション番組でもファンを増やし、11月に待望のアーティストデビュー、オンラインファンミーティングも控えています。コロナ禍でも変わらず世界で注目を浴び、ビルボードを賑わせているK-POPアーティストたち。10月のBTSのオンラインコンサートは2日間で99.3万人が視聴、Netflixで配信中のBLACKPINKのドキュメンタリー「BLACKPINK~ライト・アップ・ザ・スカイ~」ではシャネルのアンバサダーも務めるジェニーが、厳しい練習や競争の繰り返しだった練習生時代が一番”K-POP”だったと語っていたのが印象的でした。韓国コスメ、VTやNATURE REPUBLICなどいくつもの韓国コスメのイメージモデルも務めたり、熱心なスキンケア通でも知られるミンヒョクさん。K-POPの話や、美肌の持ち主の彼のオススメコスメなどをうかがいました!

    韓流NEWS

    2020年11月1日

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

Read More

Feature

Ranking