ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

vol.59 「酔った勢いでメールをしてしまう」【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】

迷えるアラフォー女子のための婚活お悩み相談。 第59回目「酔った勢いでメールをしてしまう」この相談ももしや酔った勢い?
ハローと書いてこんにちは。どうも、ケビ子です。

お悩み相談、59回目です。
今日の質問です。

質問:婚活日記を読んで、お腹を抱えて笑い、そして励まされ、30代最後の年を過ごしています。
私の悩みは、イケメンに惚れっぽいというところと、お酒が好きで、飲みすぎたら勢いで好きな人にメールを送ってしまうところです。
メールって相手の顔や感情が見えないものの、簡潔に言いたいことが言えるという便利ものですが、やはり思いを伝えるのは難易度の高い「会って」という手段でないといけないなあ〜と、なんども思うのですが。。。
最近、だいぶ酔った勢いで、これから独立する美容師さんにメールで「会いたいです!」って直に送ってしまい、「いいですよ!」と日取りまで決まっていたのに、次の日の朝に、「酔っていました、すいません」と勝手に自己解決してしまいました。
誘って後悔、自己解決して後悔の二重苦に陥っています。そして、返信がないのが痛いです。
相手がどう感じているのかもわからず、さらにメールを送るのも気が引けます。
ケビ子さんの客観的アドバイスをいただけたらと思い相談させていただきました。


30代最後の年を過ごす、惚れっぽく酒好きな方からのメールに関するご相談です。


イケメンに惚れっぽく、酒が好きで飲み過ぎたら勢いでメール(ここで一度目の後悔)
翌朝「酔っていた、すみません」と約束の撤回と謝罪メール(ここで二度目の後悔)
相手からその後の返信なし。気になっているがメールは気が引ける。


ご相談者の一人芝居に付き合わされたイケメンを想像して涙が出ます。


解決としては簡単ではないか。
① イケメンがいるヘアサロンには行かない。
② 酔ってメールしてしまうなら、酒は飲まない。
これだけのことなのだ。


酔いがさめたところで、冷静に考えてみよう。
飲み過ぎてメールをしてしまう、というのは飲み過ぎなければメールをする勇気が出ないということだろうか。


「酔った勢い」とはメールをしてもいい、普段なかなか言えないことを思い切って言いたい、の理由付け・言い訳になると潜在的に思っているのではないか。


素面の自分が酔った自分を客観的に見て「こんなの違う!こういう私は私じゃない!」となれば「酔った勢いですみません」となるのだろう。しかしそれはあまりにも自分勝手で相手に失礼ではないかい?


例えば、会社の同僚同士が飲み会の帰りに一緒に駅まで向かい、酔った男が手を繋いで来て女はドキドキ。「もしかして私のこと好きなのかしら?チャンス到来かしら?」しかし翌日、男にそのことを聞いてみると「ごめん、酔った勢いだった」何それ、私って飛んだピエロ!
客観的にはこういうことをしてしまったんですね。


翌朝「酔っていました、すいません」とメールを送るのであれば「酔っていました。
酔っていたので、思い切ってずっと思っていたことを書いてしまいました!」と送ったら会う日取りまで決まっていた相手へのフォローにもなる。


「酔った勢い」を言い訳とするか、動機付けとするか、を少しシミュレーションしてから酔っぱらっても良かったね。


余談だが、私の後輩(男性)は長く通ったヘアサロンの担当美容師が独立するから今までの御礼に、と飲みに誘われてウキウキしながら出かけた結果、宗教の勧誘をされたと驚きの報告をしてくれた。


お酒の力を借りるのは結構なことだが、自分勝手にならないようには注意せねばならん。
しかしいざ会ってお酒を一緒に飲んだ暁には、相手の様子を見ながら甘えたって何だっていいじゃないか。
酔ってメールをしたくなってしまうと自覚があるのなら、交際が始まるまでは意中の相手のアドレスは登録せずに手帳にメモするだけにとどめて不便な環境にしておくのも一つかもしれない。

vol.59 「酔った勢いでメールをしてしまう」【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】_1_1
本日の結論:酒を理由にせず、自分の気持ちを理由に行動しようぜ!

アラフォー婚活のお悩みを募集しています。
ケビ子のインスタストーリーでの不定期質問募集、またはDMにお寄せください。

※いただいた質問内容は、掲載時に内容に障りない範囲で短縮、編集させていただく可能性がございます。掲載スペースに制限があるため、ご了承いただけますと幸いです。


カモチ ケビ子
43歳で(やっと)結婚。
仕事で培ったフットワークと屁理屈と知恵をフル活用してゴールイン。奴さん(夫)は夢見る世話焼きロマンチスト。
Instagram(@kbandkbandkb)

What's New

Read More

Feature

Ranking