vol.78 「友人に全否定されたことをひきずっています」【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】

迷えるアラフォー女子のための婚活お悩み相談。 第78回目「友人に全否定されたことをひきずっています」ひきずり女~
ハローと書いてこんにちは。どうも、ケビ子です。

お悩み相談、78回目です。
今日の質問です。

現在36歳。福岡県在住です。ずっと彼氏がいません。少し前の話ですが、友人に言われたことを引きずっています。友人とは専門学校で出会い、卒業後もたまに会う仲でした。今思えば在学中から「ん?」と思うことは多々ある彼女で、男性付き合いが奔放で既婚者や職業不詳の男性と絶え間なく付き合うなどの話を聞かされており、表面上は「へぇー」と言って否定することなく返答してましたが、心の中では、変な男ばっか寄り付くなと思ってました。
その後、就職して別々の生活が始まり、友人は東京に転勤になり、たまにラインするくらいの仲となりました。数年後、私が東京旅行に行くことになり、彼女の家に泊めてもらうことになりました。その頃の彼女は仕事を辞め、無職で彼氏と同棲してました。その家に宿泊をしましたが、タバコが苦手な私は彼女のマイペースな喫煙で心底参ってしまいましたが、その数か月後、彼女がこちらに遊びに来るとのことで、前回のお礼もかねて「私の家に泊まりに来たら?」とお誘いしました。その時も彼の悪口や、頼んでもいないのに私に彼氏ができないことへのアドバイスなどを説教のようにされて、でも当時は彼氏が欲しいと熱望していたわけでもなく(今は猛烈にほしい!)適当に返答していたら彼女の怒りを買ったようです。私の自宅でも彼女は遠慮なく喫煙し、さらにクーラーの温度が気に入らなかったようで翌早朝に帰りました。気を使って「また来てね」とラインをしたところ、「自分本位で否定ばかりで素直じゃない。だから仕事も恋愛も友情もだめなんだ」と私の人格を全否定するメッセージがかなりの長文で送られてきました。
この文章を見た時は震えて涙が止まりませんでした。今でもメッセージを保存しています。「そこまで言われる筋合いない。私も人間だからだめなところはあるけど、仕事もちゃんとしてるつもりだし、友達もいる。恋愛はうまくいってないかもしれないけど、あなたに話したことが全てではない。」と反論しましたが、私はこれほど人に怒りを覚えたことはありません。仕返しをしたいとも考えましたが、別の友人に相談して多少冷静になれました。でも数年経った今でも引きずっています。心の持ちようを教えてください。
現在36歳。学生時代の友人に言われたことが忘れられないというご相談です。
ご相談の際に、その生々しいやりとりのラインを送っていただいたのですが、「事実は小説より奇なり!」とちびってしまうような毒々しい言い回しでありました。


まずは、その画面を消しましょう。
悔しく、情けなく、恨めしく、なんで私がこんなことを言われないとならないのだと数年経った今でも思ってしまうのは、その画面があるからでしょう。
震えて涙が止まらなかった読んだ瞬間の感情が蘇ってしまうのですから、そういう原因を作ったライン本文もスクショした画面もすべて消去しましょう。


恨みの原因を消去して、少し容量に空きができたところで冷静に状況を整理してご相談者のもやもや解消のお手伝いができないか考えてみたい。


ご相談者は現在福岡在住。友人は東京在住。
専門学校で出会い、現在は交流がない。
ご相談者にとって学生時代から「ん?」と思うことは多々ある彼女。
喫煙マナー等自分の生活スタイルを他人の家でも貫く彼女。
不穏な空気を察して場を離れるがその後に人格否定のラインを送ってくる彼女。


ご相談文を読む限りは分が悪い彼女であろう。


彼女がケビ子に憑依したとして、彼女の言い分を想像してみる。こんなん出ましたけど~
彼氏の家とは言え、泊めてあげたのに住人のたばこに嫌な顔して何なの?
無職だから彼に生活の面倒みてもらってるけど、だからって彼の悪口言って何が悪いの?
良かれと思って彼氏ができるようアドバイスしてるのに適当な返事で超失礼!
まじむかつく!ラインしてやれ!えい、やー!


というところだろうと思われます。


人格否定されたラインを受け取ってから数年経った今でも引きずるというのは、実は彼女のせいではなくて、当時の自分と今の自分の状況がさほど変わっていない、自分の望む姿になっていないことが理由ということはないかい?
ずっと彼氏がいない、今は猛烈に彼氏がほしい!という状況が、「自分本位だから仕事も恋愛も友情もだめなんだ」という彼女のラインとの答え合わせをどこかでしていることはないだろうか。


もやもやする原因となるラインはすべて消す。そして、今の自分は彼氏は(まだ)いないけど、仕事もちゃんとしているし、友達もいる。十分うまくやっている。と自信をもってほしい。
人からのダメだしというのは自分では意識していないつもりでもボディブローのようにずんずんと効いており、長い事ひきずるものだ。
ケビ子は中二の時にクラスメイトに言われた「うるさすぎる、男だったら殴っている」という言葉を未だにひきずって、殴られたときの防御を研究している。
研究の方向性が違うということは言わないでほしい。


なんでもない日常では思い出さないのに、ふとした時に思い出す人からのダメだし。
「良かれと思って」「悪気はない」こういう枕詞から始まる時に無遠慮なアドバイスが人に与える影響を深く理解して、自分もそのような発言をしないように意識していこうぜ!
ケビ子もそうしますから。


今の自分はなかなか良いぞ!あれもこれもできるじゃないか!とないものよりもあるものに目を向けること。
そしてラインは消して、彼女のことはもう忘れよう。ただ学生時代の知り合い、ということで終わり。思い出しそうなものはすべて捨てるか見えないところに隠す。
それだけで、徐々に気持ちが晴れてくることだろうと思う。


vol.78 「友人に全否定されたことをひきずっています」【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】_1_1
本日の結論:自分に都合よく、自分が気分よく幸せになる方法を考えるくせをつけてみよう。自分勝手上等だぜ!

アラフォー婚活のお悩みを募集しています。
ケビ子のインスタストーリーでの不定期質問募集、またはDMにお寄せください。

※いただいた質問内容は、掲載時に内容に障りない範囲で短縮、編集させていただく可能性がございます。掲載スペースに制限があるため、ご了承いただけますと幸いです。


カモチ ケビ子
43歳で(やっと)結婚。
仕事で培ったフットワークと屁理屈と知恵をフル活用してゴールイン。奴さん(夫)は夢見る世話焼きロマンチスト。
Instagram(@kbandkbandkb)

What's New

Read More

Feature

Ranking