vol.96「39歳、突然の失恋で灰になりそう」【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】

迷えるアラフォー女子のための婚活お悩み相談。 第96回目 「39歳、突然の失恋で灰になりそう」灰じゃなくてハイになるとか?
ハローと書いてこんにちは。どうも、ケビ子です。

お悩み相談、96回目です。
今日の質問です。

私は現在39歳。周囲に婚活の調子どう?と聞かれると、そんなに婚活にがつがつしているわけじゃない、と言いたくなる面倒くさいところがあるものの、やっていることは側から見たら紛れもなく婚活。私は独身でいい、とは決して思えないのでアプリを続けている次第です。
そんな日々ですが、突然の失恋に灰になりかけており、気持ちを立て直すため、ケビ子さんの冷静なお言葉を頂戴できればとご連絡した次第です。
ここ数年でふたりの男性とお付き合いをし約1年前に彼と別れました。その後は何人かの男性とデートをしたり、気に入っていただけても相手の気持ちに応えられず、そうこうしているうちに半年前に元彼と復縁。ひと月ほど前に、結局別れを選びました。
そんな中、つい気になる男性ができ、あちらも気に入ってくれたようで何度かお会いしていました。
正直なところ、これはうまくいけるかもしれない!と舞い上がる程度にはうまくいきそうだったんです…。
が、結果的に突然振られてしまい、灰になりかけている状態です。
(既婚者だったなどではなく、真面目に正直に振られました。理由は不明です。)
アプリの出会いですし、こんなことは日常茶飯事だと分かってはいるつもりです。お互い様なのですが…。元彼と別れた時よりも遥かにダメージを受けている自分に驚いています。
ここからまた前に進むために、冷静なアドバイスをいただけたらありがたく思います。
とうぞよろしくお願い致します。


39歳、これはいけると踏んでいた相手に突然振られて灰になりかけているというご相談です。
何が良かったってまだ灰になってないってことだ。なりかけでアクションが取れて良かったではないか。
しかし、灰になるというのは燃え尽きたってことなのだろう。ケビ子の話で恐縮だが父を数年前に病気で見送ったのだが、火葬されて出てきた父は骨になっており、実際問題灰になったのはそれほどの量ではなかった。全部を灰にするというのはそこから更に粉骨や焼き切りといった追加の対応が必要となるのだ。
何が言いたいか。簡単には灰になれない、ということだ。


さて、アプリを利用して婚活をしているご相談者。
ここ数年で二人の男性と付き合い、結果として二人ともうまくいかなかったということだね。ご相談者が書いている「アプリの出会いですし、こんなことは日常茶飯事だと分かってはいるつもり」
これですな。
そもそも信用しきれていないアプリを使って信用できる相手と出会えるのか、という問題が一つ。ここにテコ入れをせず、「ほら、やっぱりね」と毎回がっかりするのはもったいないことではないのかい?


アプリが全部悪いとは言わないが、信用できるアプリかどうかの精査は必要なこと、またアプリ以外の出会いを模索してみたらどうだろうか。周囲に「婚活の調子どう?」と聞かれる雰囲気であれば聞いてきた人に「真剣に付き合えるような人を紹介してください」とお願いしてみることは難しいだろうか。


「婚活にがつがつしているわけじゃない」という夢見る少女じゃいられないちょっと強気なご相談者のことだから素直に頼めないのだろうということもなんとなく伝わってくるが、「独身でいいとは決して思えない」のであれば、使えそうなこと、頼めそうな人には積極的になろうではないか!
素直になろう、素直に。


本来ならば、何が別れの理由だったのかを教えてもらって次の交際に活かしたいところなのだが、そもそもの男性側の交際の目的がもしかしたら違う方向だったのかもしれないので、もう今回のことは頭から消して良いだろう。元彼と別れた時よりも遥かにダメージを受けているのは、元彼との交際よりも結婚の可能性が高いと自分で感じていたからこそ、叶わなかったギャップが大きくダメージレベルが大きいというだけで、ご相談者自身の人間性や魅力に問題があったわけではないのだ。


あれ待てよ?ひと月ほど前に元彼と別れて、そんな中で気になる男性と何度か会って突然振られたって書いてある!なんじゃこれ!インターバル短い伝説!


なるほど、そういうことであれば次の出会いで上書き完了じゃよ。
ご相談者は39歳と言えど、出会いもそれなりにあるし、気に入ってくださる方もいる。
まだ選べる側の思考があるんじゃな。だからこそのダメージなのだろう。


そうは言っても39歳。40歳になるととたんに婚活場での活動はしにくくなる現実も踏まえて、真剣に交際できる相手との出会いを模索しよう。アラフォーの婚活は知人の紹介が安心安全、条件よりも人を見てもらえるとケビ子は思っているのだが、そうした出会いをぜひ考えてみてほしい。


前に進むためには、あらためて今一度自分がどういう人生を送りたいのか、そのためにどういうパートナーが必要なのかをじっくりと考えてみてほしい。自分の内面とじっくり向き合うことは、婚活においてとても大事なことなのだ。


vol.96「39歳、突然の失恋で灰になりそう」【ケビ子のアラフォー婚活Q&A】_1_1
本日の結論:信用できる出会いの場を模索すること、自分とじっくり向き合うこと。
この二つ、やってみようぜ!

アラフォー婚活のお悩みを募集しています。
ケビ子のインスタストーリーでの不定期質問募集、またはDMにお寄せください。

※いただいた質問内容は、掲載時に内容に障りない範囲で短縮、編集させていただく可能性がございます。掲載スペースに制限があるため、ご了承いただけますと幸いです。


カモチ ケビ子
43歳で(やっと)結婚。
仕事で培ったフットワークと屁理屈と知恵をフル活用してゴールイン。奴さん(夫)は夢見る世話焼きロマンチスト。
Instagram(@kbandkbandkb)

What's New

Read More

Feature

Ranking