パンツコーデでも女らしさはかなうんです!パンツコーデ記事ランキングTOP20【2018年秋冬ファッションプレイバック】

2018年12月8日
2018年秋冬のパンツは、トレンドを楽しむためのベース服ではなく、パンツ自体にパワーがあって、はくだけで女らしさがアップ!トレンド感と女らしさが手に入るパンツコーデ記事ランキングをチェック。

ボリュームブラウス×細身パンツの「ふわ+ぴた」バランスは文句なく女らしく、スタイルよく見せてくれる最強のコンビネーション。

Tシャツやライダースジャケットなど全体をカジュアルにまとめたところに、細身パンツのきれいめ感を投入したMIXコーデ。スニーカーと合わせた時こそ、このパンツの細見え力を実感!

少し太めのストレートが新鮮なバランス。ヴィンテージのトラウザーズをイメージし、ワークパンツのディテールをプラス。適度に厚いコットン素材を使用することで、カリッとしたハリのあるシルエットに。

自信のもてるデニムがあればカジュアルは思いのまま。レッドカードらしい深みと奥行きのある加工感はそのままに、ぐっとはきやすく進化。太ももにも少しゆとりがあり、膝からすそにかけてはすっとのびやかに細くなるテーパードシルエット。デニムラバーも納得のはき心地で、ブラウスとのシンプルなスタイリングもおしゃれに決まる。

ライトグレーのベルテッドフルレングスワイドパンツは、ハンサムな女らしさが持ち味。だからこそ、スモーキーピンクのギャザー入り透けブラウスを合わせても甘くなりすぎず、大人にちょうどいいフェミニンスタイルがかなう。流行のファーつきチェーンバッグや、女っぷりのいい黒ヒールサンダルなど、華やかな小物使いで気分を盛り上げて。

白Tシャツとコンバースというカジュアルの王道を、サイドベルトつきハイウエストワイドの旬度が、一気に今どきな表情に仕上げてくれる。ライダースジャケットの辛さと、大粒のバロックパールネックレスとファーかごの甘さを足して。

正統派な黒タートルの袖から見せたのは、繊細な黒のレースブラウス。このさりげないレイヤードが、ほんのり光沢のあるパープルパンツとのエレガントな"つなぎ"としてきいてくる。黒のバレエ靴で甘さもひとさじ。

白のタートルニット、アラフォーには甘すぎる? と思うなかれ。こんな太めのタック入りチェックパンツにスニーカーを合わせた、ちょっぴりスポーティなスタイルも新鮮!

なんと全12サイズ(XXX0、6 ~14号は店舗限定)という豊富なサイズ展開で、誰もが自分の体に合った一本を見つけられるというセオリーの細身くるぶし丈パンツ。甘すぎない絶妙な発色は、ベーシックカラーの延長感覚で意外と合わせやすい。

スニーカーを履く日こそ、パンツできれいめ感をプラス。撚(よ)りを強くかけた二重織素材で、シワになりにくくかつなめらかな肌ざわりに。ゴムパンには珍しい、豊富なサイズ展開も魅力。

「パンツ=ベーシックカラー」の概念を打ち破る、デイリーにはける色出しのカラーパンツが続々登場! 細身のくるぶし丈なら、パンツそのものにクセがないからトライしやすい。黒のバレエシューズとタートル、そしてトレンチをはおれば、今年ならではのフレンチフェミニンが完成。

トラッド指数の高いチェックパンツも、なじみやすいグレーベースと足首がのぞく丈感なら、マニッシュすぎず着こなしやすい。足もとも、コンサバなフラットパンプスではなく男靴にシフトして、より旬度を上げて。

足もとをショートブーツにすれば、端正なイメージのネイビーパンツが、たちまちこなれた雰囲気に。今年らしい抜け感を演出して。

一枚で女らしい存在感抜群の、ベージュのケープコート。上半身は柔らかなトーンでまとめつつ、ネイビーパンツを投入すれば、ボリューム的にもトーン的にも引き締まり、洗練された仕上がりに。小物はブラウンで統一し、レディにまとめて。

ネイビーをベースにキャメルやボルドーをオン。全身ダークトーンでまとめた中で、七分袖から出た腕やくるぶし丈パンツからのぞく足の甲の素肌感がきわだち、さりげない女らしさが香る。

ポンチ素材のパンツは、合わせるトップスしだいできれいめにもカジュアルにもいける振り幅の広さも魅力。

ブラウンの旬パワーで、ニット+デニムの超定番コーデがこんなに新鮮に!毛足の長いふわふわのモヘアとブラウンの柔らかなムードが、シンプルなデニムコーデを女らしい印象に導いて。

お堅い印象のパンツ+ジャケットがブラウン効果で女性らしいソフトさに。老け見えしないよう大ぶりアクセやポインテッドトゥでシャープさを足して。

カーキが主流でカジュアルなイメージが強いカーゴパンツも、こんなこっくりとしたチョコレートブラウンならぐっと落ち着いたムードに。ゆるっと体が泳ぐオーバーサイズのネイビーニットで女らしい抜け感と華やかさを出しつつ、小物はレオパード柄のバッグやハイヒールでリッチ感たっぷりに仕上げて。足首が見えるパンツ丈も女らしさのポイント。

インを黒タートルではなくこげ茶のニットにすることでしっとりとした上品さがアップ。ボトムはあえてネイビーのデニム素材で、コンサバになりがちなトレンチスタイルにほんのり抜け感を出して。

歩くたびに背中のリボンが揺れる甘口なブラウスを、黒デニムで大人っぽくアレンジして。上下黒に、白のレザースニーカーで品よくクリーンな印象に仕上げて。

ノースリーブニットの上にワンピースをガウン感覚でレイヤードした着こなしで。ほんのりダメージデニムには上質素材と知的ベージュが大人っぽく仕上げてくれる。

腰高ワイドパンツ×薄手ニットコーデ。パンツに力があるから、シンプルニットが決まる。

腰高ワイドパンツ×厚手ニットコーデ。前だけインだって決まる。秋冬冬に大活躍!

とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。

素材で、シルエットで。「女っぽいトップス」と合わせる。とろみ素材やぴったりシルエットなどチェックパンツのもつトラッドな雰囲気と"真逆"のフェミニンな要素をぶつけることで、女度急上昇。

すそスリット入りの千鳥格子柄パンツには、レースアップ靴よりもこんなきれい色パンプスを。首もとはトレンドの小粒パールでツヤ感をプラス。今の気分を映した小物が、チェックパンツの着こなしの洗練度を上げてくれる。

上下ネイビーでまとめた上品なワントーンコーデ。+黒ブーツならばシャープな印象になるけれど、ブラウンのピンヒールを合わせるとぐっとエレガントな仕上がりに。

一日内勤の日は、肌ざわりのいいハイゲージニットとゆったりガウチョパンツでストレスフリーな着こなしに。グレーやネイビーなど自分のワードローブと相性のいいトレンドカラーのアイテムは、ベーシックな配色コーディネートをブラッシュアップするさし色として効果大。

少し横に広いハイネックがクラシックな可愛さを演出してくれるブラウス。オフィスやオケージョンなど、改まった席でも使えるネイビーなら、母校の同窓会イベントにもぴったり。裾が切りっぱなしのホワイトデニムを合わせたとしても、甘めトップスならカジュアルな中にもクリーンで上品な印象をキープできる。

同系色のWジャケットをはおってスーツライクに。マニッシュな着こなしだからこそ、美脚ジョッパーズの女らしさが威力を発揮。

ワンピースにデニムやレギンスを重ねる着こなし。ボトムを細身パンツにシフトすれば、ワンピースのふんわり感を引き締める効果はそのままに、ぐっときれいめかつ大人っぽい印象に。きゅっと締めたウエストと、ボタンを多めに開けてパンツのシルエットを見せるのも美バランスのポイント。

秋っぽさを感じるファー小物で秋めいた雰囲気に。ハンドルで持つコンパクトなデザインで、ファーをモダンな印象に仕上げたバッグは上品な印象に。優しい風合い&色使いが、いつものデニムスタイルをフェミニンに傾けてくれるはず。

チェック柄ストールで体温を調整しつつ、見た目的にもダークトーンコーデにメリハリをだしてみる。デニムはブラックを選んで、黒パンツのように気軽に楽しんで。

※2018年8月1日~2018年11月30日集計

What's New

Feature

Ranking