幸せ顔を手に入れる!2018年年間メイクアップ記事ランキングTOP30

美容プロおすすめコスメや40代からの眉の描き方、アイメイク法やチークの入れ方など、メイクアップ記事の年間ランキングを参考に、2018年のメイクのトレンドをチェック!

【1位】すべて3000円以下!美容プロがオススメする実力派アイテム【“うぬ惚れ”ベストコスメ大賞 個人賞】

アラフォーのうぬ惚れ力をぐんぐん上げる今季のベストコスメが美容賢者の厳正なる投票のうえ、決定。コスメ愛あふれるコメントとともにリコメンドする実力派アイテムは、どれもお試しの価値あり。今すぐチェックして!

【2位】ライン感ゼロで好感度抜群!「隠し点打ちアイライン」の作り方完全解説

まるでラインを入れていないかのように自然なのに、くっきり、はっきり目ヂカラが上がる基本のラインをマスター!

【3位】大人の肌の“七難隠す”! 今シーズンの最旬肌「きちんとツヤ肌」を作る

アラフォーの女度を上げるならツヤ肌。美容液効果の高い今どきファンデーションとグロウ下地で。アラはコンシーラーで消去してきちんと感も。

【4位】知的に見せたい40代のオンの日にピッタリ!シースルーマットで、今季旬の「陶器肌」を手に入れる

今シーズンの肌のトレンドは、透明感のあるさらりとフォギーな肌。肌をトーンアップする下地と最新のファンデーションを組み合わせればかなう!

【5位】長時間のフライトに対応したアイテムをチョイス!【働く女性の「置きっぱなしポーチ」の中身】

機内では完璧なヘアとメイクでサービスを行う客室乗務員。メイクはほぼ仕上げた状態で出勤し、制服に着替える際に髪をまとめるのだそう。「メイクアイテムは長時間のフライトでも肌に負担がかからないよう、ミネラル系を選んでいます。薄暗い機内では顔色が悪く見えがちなので、最後にハイライトやチークをプラス。あとはまとめ髪グッズを充実させているのが特徴です」

【6位】アラフォーの眉のもやもやを解消する、“今どき眉”の黄金スケールはこれ!

「マリソル世代は、20歳前後で安室奈美恵さんや浜崎あゆみさんの細眉&明るい眉の洗礼を受けた世代。トレンドが大きく変わった今、迷子になっている人が多いですね。最近若い人の間では、悲しげに見えるくらい下がり眉にするのがブームですが、大人はそこにのっかる必要はありません。トレンドは踏まえつつ、優しく知的な眉を目ざすべき。」

【7位】頰は赤くしすぎるべからず。 「大人の可愛げ」を作るチーク

ついつい険のある表情になってしまうアラフォー。"大人の可愛げ"はもちたいけれど、それってイタさと紙一重どうすれば職場でもプライベートでも愛される"可愛げ"が作れるのか。ヘア&メイクアップアーティスト中野明海さんに教えていただきました!

【8位】コスメ好きならではの通好みな多機能ものがズラリ【働く女性の「置きっぱなしポーチ」の中身】

百貨店コスメとプチプラものがバランスよく入った遠藤さんの置きっぱなしポーチ。「アイテム選びのポイントは、重ねてもキレイになじむもの、さらに多機能なもの。例えば、大好きなルナソルのパレットは目もとだけでなく眉まで直せちゃう万能カラー。一番のお気に入りはイプサのお直しマスカラ。まばらになったまつ毛のカール&ツヤ感が一瞬で復活。隠れた名品です」

【9位】自然なのに断然目ヂカラが上がる! 弱った目ヂカラを救う3つのアイライン

自然な目ヂカラアップで、よりキリッと印象的に。この3つのラインがアラフォーの目ヂカラとキレイを救う!

【10位】黒い服を女っぽく着たい時の、簡単2ステップアイメイク

いつもの黒い服もメイクで印象チェンジ!なりたいイメージは簡単2ステップで手に入る!

【11位】思わず触れたくなる 40代のHAPPYチークメイク

寒い冬に映える、ふんわり赤みが 美しいチークで、大人の幸せ顔に!

【12位】美しいアラフォーは眉が違う! キレイを確約する洗練された旬の眉のつくり方

巨匠、千吉良恵子さんが、「女っぷり、知性、若さ」の三拍子そろった今どき眉のつくり方を伝授します!

【13位】洗練された目ヂカラが宿る。アラフォーのための「囲みインパクトアイライン」

すぐに目が激変! おしゃれに女っぷりを上げたいならこちらのアイライン

【14位】40代の目元は、トレンドの追っかけはほどほどに。「大人の可愛げ」アイメイク

アラフォーのアイメイクはエイジングのカムフラージュが第1目的!

【15位】お直しにも便利!2018年春の新作パウダリーファンデーション5選

素肌一体感が進化したこの春の新作パウダリーをマリソル編集部員のお試しコメントとともにご紹介!

【16位】保湿力5つ星★!新作リキッド・クリームファンデーション

今っぽいメイクの秘けつは、なんといっても肌に“抜け感”を出すこと。抜け感づくりに欠かせない、今秋の“コレ買えファンデーション”を美容のプロ3人がセレクト。

【17位】色も質感もますます進化。2018年秋・新色リップNEWS

秋冬の新作コスメは色も質感もますます進化。絶対にはずさない"2018年下半期に買うべきコスメをご紹介!

【18位】週1の当直に備えたコンパクトなお泊まりセット【働く女性の「置きっぱなしポーチ」の中身】

「院内ではマスクをしているため、勤務中はファンデーションを塗らないのが基本。M・A・Cの下地とミネラルパウダー、ディオールのティントリップでほのかに血色を足す程度です」と佐原さん。あらゆるクリニックに勤務し、当直もこなす。「当直セットはコンパクトに。もともと敏感肌なうえに睡眠不足でゆらぎがちなので、ラ ロッシュ ポゼを使っています」

【19位】トータル5分のメイク時間。その半分以上が眉【働く女性の「置きっぱなしポーチ」の中身】

仕事柄さまざまなコスメを試さなくてはならない田上さん。「それもあって、自宅を出る時点では2割くらいまで、残りを会社でメイクすることがほとんどです」。そして結局手が伸びるのは自身のブランド、セルヴォークのアイテム。「会社メイクはだいたい5分くらい。そのうちの半分以上が眉をやってるかも(笑)。日々いかに眉をラフに描けるかが課題で。リキッドとペンシルで毛のないところを描き、パウダーでフォルムを補整。ここ最近はずっとピンク系のニュアンス眉がブーム」

【20位】視線をとらえるのはやっぱりアイメイク! 2018年春新色アイシャドウ

ベーシックなカラーほど、色やテクスチャーの微差が、今年風かそうでないかの分かれ目に。つけたら、思いがけないあかぬけ感にドキリ。

【21位】アラフォーにぴったり&幸せ感もあり!この春のおすすめ新色チーク

春の新色コスメの季節到来! とはいえ「なかなか似合う色が見つからない」とお悩みの人も多いよう。そこで美容のプロがアラフォーにぴったりの色を厳選!

【22位】疲れた表情を一掃する瞬間レタッチコスメの宝庫【働く女性の「置きっぱなしポーチ」の中身】

プロの信頼を得るアルティザン&アーティストのバニティポーチには、厳選されたコスメがラインナップ。「持ち歩きポーチとの違いは"土台を直せるもの"が入っている点。週末のサロンワーク中は、鏡に囲まれながらも自分のメイクは直せない……というつらい状態。そのためレッスン前に肌印象をフレッシュに蘇らせるお直しをサッと行います。一番長く愛用しているのはTHREE。左のハイライトを目と目の間や目じりの下、下唇の下など顔の影の部分に入れると表情が明るくなります。最近話題なのはビナーレトレーナー。目もとに1分間当てるだけで、明らかなリフトアップ効果が! みんな使うと驚きますよ」

【23位】肝斑含むCゾーンのシミは、硬め&濃いめのコンシーラーで消す!

自分メイクではいっこうに消せない"居座りシミ"。あなたのシミが消えない理由をタイプ別に分析!プロ直伝のシミ消しテクニックで、曇りを払って透明肌に仕上げましょう。

【24位】ほんの少しの差で“すっきり感”が違う! 目元、リップ、チークで作る小顔メイク

ふと鏡を見て、「顔がもっさりしてる! ? 」なんて感じたことはない? ヘア&メイクアップアーティスト、小田切ヒロさんの小顔レシピがあれば、5年前のシュッとした顔が復活するから!

【25位】主役はリップ。「大人の可愛げ」をつくる唇の作り方

ツヤ抑えめのべージュレッドなら、旬顔にアップデートも!

【26位】「大人の可愛げ」はメイクで作れる! 40代はシミや凹凸、色ムラをカバーして

ついつい険のある表情になってしまうアラフォー。"大人の可愛げ"はもちたいけれど、それってイタさと紙一重?

【28位】オフィスメイクにぴったり!信頼感と大人の可愛げを兼ね備えた「清潔目ヂカラ」

たるみ、くすみ、小ジワに見舞われ、目ヂカラを失いがちなアラフォーの目もと。でも頑張ってアイメイクするとイタい感じになったり、ひと昔前風になって、残念な目もとに……。岡野瑞恵さんが目ヂカラを取り戻しつつ、清潔感を損なわない、旬のアイメイクを伝授します!

【29位】驚くようなカラーも塗ると自然に補整!この春おすすめの下地アイテム

今季は特に色のバリエも豊富なコントロールカラーが充実ラインナップ。マリソル編集部員のお試しコメントとともにご紹介!

【30位】急な撮影にも対処するネイル&ボディクリームは必須【働く女性の「置きっぱなしポーチ」の中身】

マリメッコのポーチから取り出されたのは厳選された9アイテム。「基本、メイク直しはランチ後の1回程度。帰りぎわは、たいてい子供のお迎えの時間が迫っていてバタバタしているので、レタッチしないことが多いです。急な撮影対策のネイルやクリームは常備。必ず一度は直すのはリップですね。昔と違って口もとに色がないと、疲れ顔に見られてしまうので!」

■最新のメイクアップ情報もチェック

※2018年1月1日~12月15日集計

What's New

Read More

Feature

Ranking