「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女【小説・じゃない側の女 番外編~酸化に負けない側の女 Vol.1】

【連載第1回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『酸化に負けない側の女(Side理沙)』
「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女【小説・じゃない側の女 番外編~酸化に負けない側の女 Vol.1】 _1_1
版権:Plamen Tsvetanov/Shutterstock.com
真木は今日も、いつもどおり、あたしと結花のグラスが空けば、間をあけることなくそっと次の飲み物を注ぎ、手元のお皿が空になりそうになると、いつもほどよい量の料理を絶妙のタイミングでサーブしてくれる。

そして今もまた、あたしと結花が次に飲みたいワインやシャンパンの希望をさりげなく聞き、それにあう料理を選び、はるか向こうのマスターの元にオーダーを伝えるため、そっと席を外す。それらすべてに一切「やってあげてます感」を出さず、淡々とフォローしてくれる。そんな彼女に、心の中でありがとねと告げつつ、あたしは今日も心地よく甘える。

今日の真木は、スリードッツのTRAVEL LINEだろうか。素肌に1枚Vあきのブラックトップスに、ネイビーのサルエルパンツという、体に優しいリラックスコーデは、真木自身のように自然体、ザッツナチュラル。

もう30年以上も昔の話だが、真木の部活の後輩女子らは、こぞって彼女のバスケットボールやバッシュを磨きたがった。

大人になってからも、同性に限らず、この媚びないクールビューティにあれこれ尽くして喜ばせたがる男性たちは少なからずいたはずだが、彼女は「してもらうこと」を当たり前とせず、かといって「私がやってます」的な押しつけがましさも出すことなく、至極当たり前の顔で淡々と自ら動く。

一方で、これは良しあしではないが、由緒ある家柄に生まれ育った結花は「してもらうこと」に明らかに慣れている。だから、「してもらうこと」に対して変な恐縮もしないし、かしこまりも媚びもせず、それはそれで清々しいほどに堂々と「ありがとう」と礼を伝え、優しく微笑んでしてもらう。

そんな真木はバツイチで、そんな結花はお子が2人のセレブライフ。人生はいろいろだ。

真木があたしと結花のために、新たなオーダーを入れに行っている間、結花は貴重なオフ日、おいしそうにシャンパンを飲みながら、ご機嫌にオリーブをつまんでいる。確かに大事だよね、こういう時間も。ママ業に休日なんてない中、この人、あたしたちと同じようにフルタイムで働いているのだから。

あたしや真木が、持てるパワーをすべて仕事で使い果たし、息も絶え絶え家にたどりつくや、電池切れ状態でぐったりソファに身を沈めてしまうような時も、結花は電池切れなんて言っていられず、家事に育児に邁進している……はず。

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート

【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生?

【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか…

【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして

全11話を読む >

What's New

Read More

Feature

Ranking