50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です【小説・じゃない側の女 番外編~現役をおりない側の女 Vol.2】

2018年11月11日
【連載第2回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『現役をおりない側の女(Side結花)』
版権:Mark Umbrella/Shutterstock.com
そんなことをひとり思う私を挟んで、両隣の独身女二人の他愛なくも楽しい話は続く。

「真木、あの奥の席の二人って、夫婦だと思う? それとも親子だと思う?」

「誰?」

「あのアンテプリマのワイヤーバッグの女性」

「ああ、あのイントレッチオのマダムさん?」

「女性は50代でしょ?でもどう見ても男子30代だよね、マダムと座りながら恋人繋ぎしてる男子」

「あの年の男子が母親とあの手の繋ぎ方しないよね? ってことは……ホスト君とお客様か、それとも『道ならぬ恋』系かなあ?」

「やっぱりそうか。実はさ、あたし、同じ道ならぬ系でも“おじさんと若い女子”より “おばさんと若い男子”ってペアリングには嫌悪感が湧くのよ」

「なんで? うらやましーっていう感情が入るとか?」

んなわけないでしょ、と理沙が真木の頭を即座にペシっとはたく。

「もし不倫だとしたら……の話だけど、そういうのはやるならもっと若いうちにやっときなさいよって思っちゃうの。勝手な私見だけど、女は歳とともに自分なりの品を高めていく生き物だと思いたいのよね」

「理沙って奔放な見た目の割に、変なとこコンサバ思考だよね。そのアンバランスさが面白いんだけど。……というか、見た目だけじゃなくて、実際理沙ご自身は、そこそこ奔放に生きてきたよねえ?」

と真顔で突っ込む真木に、そう見せて、これでもまあまあしっかり考えてるの!と理沙が言い返す。

面白いので、しばらく静かに二人のやりとりを見守る。

「じゃあ理沙。アラフォー女子が、さらに年上のアラフィフ、アラ還男性と『道ならぬ恋』に落ちるのはどうなの?」

「若い男子のエキスを吸い取るおばさんよりは、年上のおじさまに寄り添うおばさん、ってほうが、印象としてエゲツナサは少ないかなあ……比較論だけど。ああ、言っとくけどこれは『道ならぬ恋』の場合よ」

「じゃあ不倫じゃない、何も問題ない恋愛だったらどうなの?」

「それはもうなんでもありよ。お相手がどれだけ年配の男性だろうが若い男子だろうが。女は50になったって60になったって、いつでも絶賛恋愛中です!って、いいと思う、素敵よね」

「賛成。ちなみに理沙は今、絶賛恋愛中なんだっけ?」

「あたしのことより真木でしょ。離婚して1年以上経って、そろそろ、ひからびてきたわよねえ」

「ひからびたとか言わないでくれる?」

「誰かいないの?昔は途切れたことなかったじゃない。男」

「それは35までです。35過ぎたらいきなりもう凪みたいにピタッと……」

「凪! 笑える」

「笑えない」

「でも一回は結婚したから、籍入れたい! 結婚したい! しなくちゃ! っていうあの呪縛や強迫観念からは、解放されたわけでしょ?」

「うん。憑き物が落ちたかのように、今は全くない。ただ普通に、男友達以上の存在は欲しいかなあ。たまに切実にそう思うんだよね」

「それわかる。いつもじゃなくて、たまに無性に思うよね。ちなみに最近いつ思った? あたしこの前、宅配ボックスにダース買いしたペットボトルのボックス置いてかれて、上層階の自分の部屋まで死にそうになりながら運んだ時に、あー彼がいたら軽々と運んでくれるのに悲しい、って思ったわ」

「私は、この夏の土用の丑の日だな。たまに行く老舗のうなぎ屋さんに夕方頃、一人で入った時ね、ああ、一人でお店入って食事すること自体は勿論大丈夫なの。そのうなぎ屋さん、夕方頃ってご飯時過ぎてるからいつもはねらい目の時間でほどよく空いているのよ。でもその日はなんと近くで花火大会で、私が入ってちょっとしてから『美味しいウナギを食べてから行こう!』って感じのご夫婦や浴衣姿のカップル、ファミリーが続々と押し寄せて、店中が今から行く花火に心躍らせる人たちで溢れたわけ。みんなもうワイワイワイワイすごいのよ、盛り上がりが。そんな中、ポツーンと、ああ、この店の中で私だけが一人だ……って思ったら、山椒ふりかけながら不意に猛烈に寂しくなっちゃって」

「うなぎの味もわからなくなるわな」

「うん、あれは寂しかったなあ。あー私今、花火一緒に行く人もいないし、うなぎ一緒に食べる人もいないってことか……って」

「真木、代々の彼と必ず夏は花火大会行きまくってたもんね。そりゃずーんと来そうだね」

「うん、来た」

「仕事で忙殺されて、家と会社往復してる時は気づかないけど、そういう油断してる時にずーんと来ることあるの、わかるわー」

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

12月15日配信開始予定

What's New

Feature

Ranking