いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので【小説・じゃない側の女 番外編~恥じらいを忘れない側の女 Vol.2】

2018年12月2日
【連載第2回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)』
版権:Kan Pothipan/Shutterstock.com
「喧嘩なんてしてない。私、結婚前から今まで一度も彼に文句なんて言ったことないから……」

「えーほんと? 信じられないわー。言いたいことがある時は、堪えすぎずに言った方が、お互い体にいいと思うけどなあ」

「理沙はちょっと堪えたらどう? あなたは要らぬ修羅場をくぐり過ぎよ」

結花ちゃんのクールな突っ込みに、谷原さんが「すみませんね」と肩をすくめる。

「今日は、彼と一緒に病院に行ってきた帰りなの」

「病院って、旦那か須藤さん、どこか悪いの? あー!もしかして最近はやりの“夫婦で受ける人間ドック”とか? それ、ペアドックっていうんでしょ? なんで検査まで一緒にしたがるんだ、あほか、って思ったけど、ペア受診限定の特典とかあるのよね、くやしー、何それーっってこの前、雑誌見て思ったとこ」

「理沙、ちょっとだけ黙って。理沙がそうやってしゃべりまくると、須藤さんがいつまでたっても話し出せないでしょ」

そういうと真木ちゃんは谷原さんの口に、大きめのモッツァレラチーズを2つ立て続けに押し込んで黙らせた。

「泌尿器科に行ってきたの」

「ってことは膀胱炎? あたしも前、繰り返した時あったなあ。免疫力が低下すると、すぐ細菌にやられちゃうんだよねー。あら?それなら、婦人科に行くか。ってことは、旦那? 須藤さんは付き添い?」

「理沙ってば!」真木ちゃんと結花ちゃんが同時に声をあわせて、もぐもぐしながらもどうしても口を挟んでしまう谷原さんのカットインを制した。

「彼も、私も。と言うか、二人一緒にかからないとまずいっていうか……ちょっと前から通ってるの。あ、でも今はもうほぼ治っていて、経過観察なんだけど……いずれにしても二人一緒に行かないとっていうか」

「おー、そっち系か」

そっち系とはどっち系ということなのか、私はまだほぼ何も説明していないのに、谷原さんも真木ちゃんも結花ちゃんも、すぐに察した顔で、全員そろって、ふむ、と真顔になった。

「なんだかあの……最初は、あのあたりに違和感を感じるようになって、だんだんピリピリするなと思ったら、しばらくしてものすごい痛くなって……」

「ちょっと須藤さん、あたしたちにそんな具体的に、症状を説明してくれなくていいわよ」

クスっと笑いながらポンと私の肩をたたいた谷原さんの笑顔を見て、やっぱり彼女達には何を話しても大丈夫なんだと、ホッとした。そして止まらず続けた。

「でも私、自分の体に何が起きてるのかわからなくて……そういう知識なかったから。保健体育の授業でも習わなかったよね? その……性病がどんなものかなんて……」

「学校の授業を一回も寝ないで全部聞いて、教科書隅から隅まで熟読しても、人生、生きながらじゃないと学べないことって、幾つになってもあるからねえ」

谷原さんのコメントに、結花ちゃんと真木ちゃんも、イエス、イエスと賛同する。

「すごい痛くなってきたし、あそこになんだか異物感はあるんだけど、私、怖くて自分で見られないから、もう病院に行くしかないって思って。勇気ふり絞って病院に行ったら、そしたら、旦那さんからもらったんだろうって。これは旦那さんも一緒に検査と治療しないとだめだって言われて……」

「まあ、そうなるわな。ちなみに、旦那は何も言ってこなかったの?」

「彼は全く無症状で、ほんとに全然気づかなかったみたい」

「必ずしも自覚症状があるとは限らないっていうけど、感染させた本人が痛くもかゆくもないって、なんとなく癪だねえ。須藤さんの旦那って、あそこに座ってる優しそうな爽やか青年でしょ? ほんと、人は見た目によらないねえ、まさかよそでパンツ脱いで性病もらってきちゃうような男には見えないもんね」

「理沙!」もはや慣れた感じで、結花ちゃんと真木ちゃんの同時制止が即座に入る。

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

12月15日配信開始予定

What's New

Feature

Ranking