歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?【小説・じゃない側の女 番外編~酸化に負けない側の女 Vol.4】

2018年10月23日
【連載第4回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『酸化に負けない側の女(Side理沙)』
版権:Kanok Sulaiman/Shutterstock.com
「理沙、聞いてる? だからね、私も歯のホワイトニング行きたいの」

「でも結花はコーヒーもそんな飲まないし、歯も黄ばんでるってほどでもないじゃない? なのに気になる?」

「コーヒーは飲まないけど、赤ワイン大量に飲むから。どうしても着色はするわよね」

「なんだろうね、真木や私がコーヒーで歯が黄ばむって話で、結花は赤ワインで黄ばむ? あなたはほんと期せずして、言葉のはしばしから、セレブ奥様感が出ちゃうよね」

「そう? 着色しちゃうっていう事象は一緒でしょ」

「歯が白いと5歳若返る!とかって人気セレブモデルが雑誌で特集してるの見て、興味持ったんじゃないの?」

あたしが茶化すと、結花はいやいやと手を振りながら真顔で言う。

「いや、理沙みたいに白い歯の人と話すと、単純に気持ちがいいなと思って。だから私も白くしたら、私と話す相手が気分いいかなと思って。同じことを話すにしても、対面している相手がちょっとでも気分よくなったり、嬉しくなってくれる方が、なにごともいい結果につながりそうな気がするのよね」

なんですと? 相手が気分がいいだろう、って……?

「例えばね、整形したって、自分がいいと思う顔カタチを、相手も同じようにイイと感じるかどうかはわからないじゃない? だけど、白いきれいな歯は自分も気持ちいいし、その歯を見る相手もおよそ間違いなく嫌な気分にはならないでしょう? 黄ばんだり黒ずんだ歯を見るより、白い歯を好む人は間違いなく多いと思うのよ」

なるほど。

「理沙のホワイトニングって、1回当たりどれくらい時間かかる?」

「あたしが行ってるクリニックは、最近薬もマシンもパワーアップしたとかで、1回あたりの照射時間がだいぶ短くなって、かつこれまで以上に1回でかなり白くなるようになったよ。すごく短い時間で済む」

「お値段的にどれくらいするものなの?」

「ピンキリだよ。クリニックやお店にもよるし、どこもコースがいろいろあるから。歯医者さんが在籍しない1回10分、1000円くらいでセルフホワイトニングできるサロンもあれば、個室でゆったりカウンセリングから始めてくれるところもあるし、結花が何を求めるかじゃない?」

「理沙は何優先で決めたの?」

「あたしはちゃんとした歯医者さんがやってるホワイトニングがよかったの。多少払ってでも、そこに行けばホワイトニングはもちろん、歯で問題があったらそこに全面的に丸投げしたいから」

「私もそっちがいいわ。自分でやるのはパス。メンテナンスは丸ごと委ねたいわ。どこで始めようかしら」

「あたしがはじめてホワイトニングしたのはもう10年くらい前かなあ、とりあえず会社帰りに寄れる駅でクリニックを探して、はじめは10万くらいの白さ保証コースで集中的に通うとこから始めたかな。10年前はまだ今ほどホワイトニングがメジャーじゃなかったから、ちょっと割高ではあったよね」

「そっかー、うわー、迷うなー」

「何が? 値段?」

「違う違う。値段はいいのよ、成果が出るなら」

そうですよね、結花がケチなことを言うのを出会ってこのかた一度も聞いたことがない。

「実はホワイトニングと同じくらい興味あるものがもう一つあって……」

「何?」

「笑わない?」

「早く言いなさいよ、何?」

「脱毛。ブラジリアンワックス。やるならどっち先トライしようかなあ……って」

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

毎日22時配信中!最新話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

12月1日配信開始予定


■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

12月15日配信開始予定

What's New

Feature

Ranking