生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…【小説・じゃない側の女 番外編~恥じらいを忘れない側の女 Vol.4】

2018年12月4日
【連載第4回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)』
版権:Korelidou Mila/Shutterstock.com
でもこの3人なら、私に要らぬダメージを与えないだろうという妙な確信があった。性病をうつされて、ひとりひそかにパニック状態の私を前にしても、とりたてて、驚きも同情も拒絶もなぐさめも、おそらくしないのではないか。なぜかそんな確信が。

勝手な話だが、誰か、私にダメージを与えずに、ただただ話を聞いてくれる人に、今の状態を話したかったのだ。吐き出したかった。

生まれてはじめて性病なるものをうつされた。もちろん旦那もうつそうと思ってうつしたわけじゃない。でもインフルエンザをうつされた、というのとは話が違う。

生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きたから、それはもう、ネットでいろいろ調べまくった。性病をうつされるということが、どういうことなのか。そんなこと世の奥さんたちにも、普通に起こり得ることなのか。どれくらいの確率で起きることなのか、起きないことなのか。わが身に起きた場合は、どう対処、対応するのが普通なのか。離婚を考えたりするような、大変な事件なのか。もし仮に離婚するとなれば治療費などの実費賠償はもちろん、精神的苦痛に対する慰謝料支払いの義務はうつした側に発生するのか、しないのか……などなど、もうこの「性病」にまつわるあれこれの事態の大きさ、捉えかた、とにかくすべてが私には全くわからなかった。

そして。

いろいろいろいろはてしなく調べて読みあさった結果、それでも私はやっぱり彼と離婚する気にはなれなかった。

だって私は彼が大好きで、彼も間違いなく私を大事にしてくれている。そして今回のことで私も傷ついているけれど、優しい彼もまた、同じように、いやそれ以上に傷ついているように見えてしまうから。心から恐縮し反省し、申し訳ないと思ってくれている。もっともっと私を大事にしよう、しなければ、したい、と思ってくれていることが、ひしひしと伝わって来るから。

でも、だから別れない、なんていえば、「馬鹿だなー」と言う人がいるのもわかる。

それにもちろん、もう今の私にはわかっている。

夫はきっとこれからも、私以外の女性とそういうことをいたすだろう、ということ。心の底から本当に私を大切に思い、どれだけ愛していたとしても、それとこれは別らしい……ということは、世間知らずで、そちら方面に猛烈疎い私でも、さすがにだいぶ想像できるようになってきた。

タイやベトナムといった海外出張先じゃなくたって、接待でやむを得ずじゃなくたって、日本国内に居る時だって、彼はきっとまた私ではない女性と、そういうプロのサービスを提供してくれる場所に、行って、いたしてしまうのだろう。

それは正直、悲しくてせつなくてどうにもやりきれないほどに……悔しい。夜、布団に入って天井を見ると、つーっと涙が流れてしまう日が、もう何日も何日も続いているのも事実だ。

そう、間違いなく私は今、傷ついている。

今回、私が彼からもらった病気は、一度感染してしまうとウイルスが体内に潜んで、体の免疫力、抵抗力が落ちた時に症状を再発しやすいと言われている。

病院でもらった薬を飲んだり塗ったりすれば、一旦は状態も回復し、今はやり過ごせるのだと思う。気になるのはこの先だ。もしまたいつか再発したら、そのたびに私は、体以上に、この悲しくて苦しくてやりきれないズキズキピリピリする心の痛みを、うまくやり過ごせるだろうか。そのほうが、今はとても不安に思う。

それでもなお、彼と離婚しようと思わない、思えなくなった、そう決めたもう一つの大きな理由と私の変化。それは……そう、私はその話も、いやその話こそ、彼女たちに伝えたかった。

「須藤さん、ワインでいい? 白と赤とロゼ、気づけば全部あるけど、どれがいい? 好きなのどうぞ」

真木ちゃんが、そっと私の目の前に3本並べてくれる。

「あのー、あの、私、今、飲めないの」

「あれ? 理沙、そっち系の治療中ってアルコール、ダメだった?」

「こら、なんで須藤さんじゃなくて、あたしに聞くのよ。あたかもあたしがそっちの病気の経験者みたいじゃない」

「経験者でしょ」

「結花ぁ、聞いた? 真木が個人情報を許可なくばらすんですよー」

何の話でも、そうこんな話しですら、あははははとなんとも楽し気に笑い飛ばしてくれる彼女達といると、独りでうつうつとしてきた毎日に太陽の光が差し込むような気持ちになるから不思議。

やっぱり全部話してみよう。

そう、今の私が報告したかったのはこっちなんだ。

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

12月15日配信開始予定

What's New

Feature

Ranking