受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート【小説・じゃない側の女 番外編~ご機嫌悪くない側の女 Vol.1】

【連載第1回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『ご機嫌悪くない側の女(Side結花)』
受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート【小説・じゃない側の女 番外編~ご機嫌悪くない側の女 Vol.1】_1_1
版権:y_seki/Shutterstock.com
やっと席に戻って来た妻を、ニコニコ顔で立ち上がって迎える人のよさそうな旦那さんと、その隣にぴったりと照れくさそうに寄り添う須藤さん。

送りがてら挨拶しにいった真木と3人で談笑するその姿を、フロアを挟んだ遠くから、私と理沙はじっと見つめる。

理沙が言う。

「初恋の相手が初Hの相手で、結婚相手で子供が出来るってすごくない?」

「ほんとね」

「生涯、Hする男性が1人っていうのは、惜しい気がしないでもないけれど」

「その1人が抜群にあう人だったら文句なしよ」

「1人しか知らなかったら、比較のしようがなくない?」 
   
「比較なんてしなくて済むならそっちの方がいいの」

「結花の旦那さまは?」

「結婚相手は、そちらの相性だけで決めるわけじゃありません。私のことはいいのよ」

「44で自然妊娠。やるね、須藤女史」

「そうね」

「高齢出産」

「うん」

「産む前からちょっと大変そうだけど、無事に産んだら産んだで、その先も“子育て楽ありゃ苦もあるさー”が続くわけでしょ」

その通り。言うまでもなく、産んでからの方が比較にならないほど大変だ。

壮絶な痛みに耐えて、出産という大仕事を無事に終えたというのに、その成し遂げた達成感や余韻、感慨にゆったり浸る余裕もないまま、産後すぐに始まる授乳やおむつ替え、沐浴に寝かしつけに夜泣き対応……。一生続くわけなどなくても、その時は、この過酷なしんどい時間が一生続くような気がして、発狂しそうだった新生児育児の日々。

自分で言うのはおこがましいけれど、幼い頃から成績優秀、何ごとも段取りよく計画的に確実にクリアしてきた私が、こと子供に関してだけは、破格に次元が違うダントツの「思い通りに行かなさ度」を、生まれて初めて経験することになった。どうやってもまだ意思疎通の出来ない命ある生き物と向き合うことなんて、なかったから。

2人、産んで育てて、しばらくたった今ならば、当時の自分に向けて、子供と向き合う実は貴重なその濃密な時間をこそ「ぜひ肩の力を抜いて楽しんで」なんて言えるけれど、あの時はそんなこと、もし誰かが言ってくれたって、私の耳には届かなかったはずだ。そしてある時、じたばたしながら、はたと気づくのだ。そうか。出産は「ゴール」じゃなく、長く続く「子育て」というものの「スタート」に立った、ってことだったんだなと。

ともすると人は、受験勉強中は合格がゴール。就活中は就職がゴール。婚活中は結婚がゴールで、妊活中は妊娠がゴール。そしていざ妊娠すると出産がゴール。そう思ってしまう。

でもどれもこれも、そのゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタートで、長い人生においては、ひとつのマイルポストでしかない。

そしてどのマイルポストも、だいぶ通過してからはじめて、そこに到達するまでの努力や経験、喜びや悲しみといったその時に味わったさまざまな感情を、懐かしく大切な記憶としてまるごと慈しむことができるようになるのだと、私は思う。

だから今は、須藤さんの「出産」というひとつのマイルポストが、いつの日かこの上なく愛おしく大切な時間として素敵に輝くように一同級生として願うばかり……。

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート

【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生?

【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか…

【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして

全11話を読む >

What's New

Read More

Feature

Ranking