人生の秋は、豊かな実り多い秋?それとも、葉っぱも落ちるうらさびしい秋?【小説・じゃない側の女 番外編~ご機嫌悪くない側の女 Vol.6】

2018年12月20日
【連載第6回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『ご機嫌悪くない側の女(Side結花)』
版権:JP WALLET/Shutterstock.com
その優しく夫思いのマダムとちょうどすれ違うように、3人分の大きなアサイーボウルをかかえてヨロヨロと歩く真木の姿を見つけた理沙が、「うわ、真木! 落とさないでね! ゆっくりゆっくり!」と声をあげる。

その理沙の呼びかけに、両手をふさがれた真木は、「はーい。マスターがさっきのお詫びにアサイーボールプレゼントしてくれるってー。あと、ブドウも食べなさいってー」と、にこやかに返事をする。どうにか落とさずにここまで無事到着してもらいたいものだ。

「ご馳走していただけるなんて、嬉しい。そういえば理沙、ブドウ好きだったわよね」

「うん、大好き。でもブドウって……まだこんなに真夏の暑さを残しているっていうのに季節はもう秋なわけか」

「そうね」

「人生を季節に例えたら、あたしたちも今まさに秋に入ったあたり……なんでしょ?」

「そうなるかな」

「結花は、あたしたちがもし今“秋”だって言われたら、どんな秋を思い浮かべる? 豊かな実り多い秋? それとも、葉っぱも落ちるうらさびしい気配漂う秋?」

「夏にも初夏、盛夏、晩夏とあるように、秋だって初秋、中秋、晩秋って、姿は変わりそうよね?」

「質問に質問で答えるのはダメ。わかりやすく答えて」

「私、秋はくりほうじ茶っていうお茶にはまるのね」

「いきなり何の話?」

「まあ聞きなさいって。とにかく、ペットボトルのくりほうじ茶にはまるのよ。ほうじ茶に国産の栗パウダーがブレンドされてるの。ノンカロリー、ノンシュガーなのに、ほんのり甘くて、なんかクセになる」

「おいしそう。あたしもそれちょっと興味あるな」

「アツアツホットで飲むのがお勧めでね、キャップ開けた瞬間に、ほわわーんと、甘い栗の香りが漂うの」

「結花は栗、好きだもんねー昔っから。学校帰り、中華街で甘栗の一番大きいサイズ買っては、一気食いしてたよね」

「よく覚えてるわね。ところで、栗って栄養ある?」

「抜群にあるよ。ビタミンCとか葉酸、亜鉛、カリウムとミネラル豊富」

「ならよかった。実は変わらず年中食べてるから。話戻すけど、ま、そういうわけで、私が思い浮かべる秋といえば、まず栗なわけ」

「要するに、結花にとっては、大好きな栗の季節。悲し気な季節ではないって言ってる?」

「うん。10月には出雲駅伝があるし、箱根の予選会もあるし、うら寂しい季節どころか、私からしたらドキドキしまくる季節よ」

「結花って、たいていのことにクールなくせに、駅伝には興奮するんだよね。何があなたのツボなのか謎」

「だからクールなんかじゃないって。エキサイトしても顔に出ないだけ」

「到着ーっ! なになにー? なんの話してたの?さっきこっち向いて気づいてくれたから、どっちかヘルプに来てくれるかなーと思ったら、二人とも話に夢中で全然こないし。あー重かった!!」

理沙の希望どおり、マスターお手製のアサイーボウルと、おいしそうなブドウまで仕入れた真木が、見るからに重そうなガラスの器をそっとテーブルの上に並べる。

「さっき、理沙と結花が酔っぱらいのおじさんに絡まれてたでしょ? アサイーボウルはマスターからそのお詫び。で、ブドウは理沙へのお礼だって。理沙、聞いたよー。マスターの奥さんの命日にお花、贈ったんでしょ? 綺麗な花束が届いて、びっくりしたし、とっても嬉しかったって」

そう、私たち3人はマスターに奥さんがいたことも、お亡くなりになっていたことも、長い間知らなかった。この店に出入りするようになって何年も経っているというのに、前回の来店時、初めて知って、相当驚いたんだった。

おそらく理沙はその時、誰よりもそのことに心を痛めたのだと思う。そして、誰に何を言うこともなく、そっと、ひとりお花を送った、と。

このアンジェリーナ・ジョリーそっくりの圧強め美女は本当に、情に厚く、唇も厚い。そして、マスターはお返しに、理沙が好きなブドウをくれたのね。二人そろって多くを語らない理沙とマスターの粋なやりとりが微笑ましい。

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート

【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生?

【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか…

【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして

全11話を読む >

What's New

Read More

Feature

Ranking