「答えがあるテストの問題」なんて、はるかに楽勝【小説・じゃない側の女 番外編~ご機嫌悪くない側の女 Vol.11】

2018年12月25日
【連載第11回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『ご機嫌悪くない側の女(Side結花)』
版権:Ulada/Shutterstock.com
そんなことを今日もまた、真木と理沙という友、そして須藤さんという同級生、彼女ら可笑しくも愛おしい自称なにかと『じゃない側』の女たちの姿からも教えられる。汗だ、ワキガだ、口臭だ、歯周病だ、毛の処理だ、性病だ、ブラジャーはこれだ、ひたすらそんな話で、今日もまた。

お子たちよ、元気をチャージした母は今から帰ります。

あ、メール。

見ると、娘の塾から送られてくる、テスト結果通知だった。これがくると、帰り道はずっと、ネットにアップされたテスト結果と、設問と回答集をにらみながら、娘が間違えた問題をどう説明してわからせてあげたらいいか、ひたすら考える道中になる。

疲れた体と頭に、その工程はなかなかヘビーな帰り道。
でも大丈夫。母は今、とっても元気だから。
明日、出来なかった問題、一緒に解き直そうね。

あなたが今取り組んでいる、算数のテストには、ありがたいことに必ずたどり着ける正解が用意されている。

難しくてイヤだ? 解けなくてイライラする? 何を言っているんだか。「答えがある問題」なんて、楽勝なのよ。

あなたがいつの日か身ひとつで飛び出していく人生という大海原には、ほとんど正解らしい正解なんて用意されてはいない。

それと比べたら、答えがあるテストの問題なんてはるかに楽勝。今はその楽勝な問題に、繰り返し取り組むことで、脳の体力・筋力を鍛えているところなの。

投げずに、あきらめずに、根気強く、自分の中のありとあらゆる情報や知識を組み立てて活用して、自分なりの答えをその時々の全力で導き出せる大人になるために。

あなたたちが大人になる頃には、“グローバル化”、“ダイバーシティ”、“多様性の尊重”なんて看板、あえて掲げられなくたって、もっと自然に、異なる国籍、文化、宗教、人種、性別、年齢、様々なライフステージの人々とお互いに協力しあうことが、ごく当たり前の日常になっていると思う。

あなたたちの人生は長く、世界は果てしなく広い。

誰かがお膳立てしてくれたり、わかりやすい正解などない人生の中で、短絡的で画一的な主義主張しか出来ないつまらない大人にならないよう、いついかなる時も、のびやかに自由で、建設的なコミュニケーションを楽しめる人であってくれるように願って、母はあなたたちをサポートする。

だからしばらく、一緒に楽しもう。

ずっと一緒に居られるわけじゃないからこそ、今はそう、いつもそう、

ご機嫌に、ね。

(小説・じゃない側の女 番外編 完)

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート

【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生?

【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか…

【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして

全11話を読む >

What's New

Read More

Feature

Ranking