体が酸化して錆びつくことを「老化」といいます【小説・じゃない側の女 番外編~酸化に負けない側の女 Vol.12】

【連載第12回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『酸化に負けない側の女(Side理沙)』
体が酸化して錆びつくことを「老化」といいます【小説・じゃない側の女 番外編~酸化に負けない側の女 Vol.12】_1_1
版権:Buntoon Rodseng/Shutterstock.com
「要らぬ邪推をしないのが理沙のいいところなんだから、あれこれ変に考え過ぎずに、臆せずに真っすぐいつもの通り、理沙の最善を尽くせばそれでいいのよ。それでもハラスメントだ、配慮が足りないだのなんだのといちゃもんつけるような人がもしいたら、その時はその時くらいに腹くくってなさいよ、らしくない」

結花よ、そうはいっても、出来ればいちゃもんはつけられたくないし、訴えられたくもないんだけれど……、でもあなたの言うことはごもっともだと思う。

「ありがとう。どこかちょっと納得いかないなーって湧きあがる違和感を、ここしばらく力ずくで抑え込んでひたすら無理して耐え忍んでたら、めっちゃ活性酸素たまったみたい。あたしの体、めきめき酸化しまくった」

「オリーブオイルは、抗酸化作用あり、なんでしょ?」

「そう信じて、使いまくってる」

「酸化はダメよ。理沙の方が詳しいだろうけど、体が酸化して錆びついちゃうことを、『老化』っていうんだから。歯が黄ばんでても、多少毛がぼーぼーでもいいけど、酸化はまずいわ」

「おっしゃるとおり」

「それにしても、理沙、このオリーブオイル、ほんと美味しい! 私もいいオリーブオイル買おうかな」

「子供が出来てから、毎日使う調味料は全部有機とかオーガニック系のショップで買ってるって言わなかった?」

「さしすせそ、調味料はね。でも、オイルにはそこまで強いこだわり持ってなかったの。でも、大事よねえ。そういえば、今オイルといえば、ギーなんでしょ? 理沙に聞こうと思ってたの! 食べたことある?」

「うん。今朝もグラスフェッドギーを厚切りトーストにたっぷり塗って食べたよ」

「うわ! やっぱり理沙は知っていたか。ほんと、体にいい物キャッチするの早いわよねえ。で、どんな感じ?それこそ、デトックスや抗酸化作用による老化防止効果がスゴイって聞いたけど、味は? バターとはちょっと違う?」

……なんて、ちょっと前までの重ためテーマは何もなかったかのごとく、平和な最新オイル&ギートークをくりひろげんとする結花とあたしの視界のかたすみに、突如として、あまりに予期せぬ人の姿がよぎり、あたしは思わず「ギー」という口の形のまま、その方向を二度見した。

うっそ、そんな偶然って、あり?

あたしが激しく二度見したのとまさに同じタイミングで、次に飲む新しいワイン2本を両腕に抱えて、遠くからちょうどパタパタと駆け戻ってきた真木が、ニッコリ笑って、あたしがじっと見つめたまさにその方角、遠方に見えるひとりの女性をそっと指さして言った。

「ねえねえ、あそこの奥のソファ席にいるの、もしかして……じゃない?」

そうか。見間違いではなく、やっぱりそうか。

須藤慶子だ。

彼女とは、このバーで何十年ぶりかに偶然出会ったあの晩以来、全く連絡をとっていなかった。

というかあの日、あの晩、あたしたち3人は誰も彼女と連絡先を交換しないまま別れた。明らかに連絡をとりあうはずのない相手と、社交辞令で連絡先を交換しようとは言わないあたしたち。

そのへんは全員共通して、さっぱりしている。
そしてそのまま時は過ぎ。今日に至る。

久しぶりだな、須藤女史。相変わらず、ちょっぴりもっさりめの恰好の須藤女史。

こんな遠目で見てもわかるような、とろけるチーズばりにとろけそうな笑顔で、目の前の旦那らしき男性をうっとり見つめながら、幸せそうに次々ピザを口に運んでいる彼女の姿は、なんだか微笑ましく、思わずクスッとしてしまう。幸せにやってるんだ、よかった。

須藤さん、ピザ、たくさん食べてゆっくりしてってよね。あたしの店じゃないけど。
そのマルゲリータも間違いないけど、ゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザは、もっと抜群に美味しいよ。

(小説・じゃない側の女 番外編〜酸化に負けない側の女(Side理沙)完)

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

【Vol.1】受験、就活、婚活、妊活。どれもゴールだと思ったものは、必ず何か次のスタート

【Vol.2】自分ひとり好き勝手に生きてりゃ、誰からも感謝なんてされるわけない虚しい人生?

【Vol.3】どこで間違ったんだろう?あれ?間違ったのかな?今いるここは間違いなのか…

【Vol.4】人生100年時代に向け、ヒトゴトではなく、自分ゴトとして

全11話を読む >

What's New

Read More

Feature

Ranking