大人の女に、つけ入れられる下品な隙はなくていい【小説・じゃない側の女 番外編~現役をおりない側の女 Vol.9】

2018年11月18日
【連載第9回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『現役をおりない側の女(Side結花)』
版権:biDaala_studio/Shutterstock.com
「もう片方の彼は、子供が2人いて、2人とも学校嫌いでどうしても学校に行きたがらないんだって。でも、それはいじめられているからとかではなく、どちらも俺に似て、天才的に数字に強くてIQも高くて、小学校なんて行く時間がバカらしくて、通う意味を見いだせないだけなんだ、って」

「さりげに自慢を織り込むことを忘れない男って、結構いるんだよね」

「悩んでる人に無神経なこと口走っちゃうのはよくないから、基本男性のお悩みは聞くに徹するんだけど……」

「なんで仕事でもないのに、男と飲みに行って、女のこっちが気を遣わないといけないんだ? あたしはやだなー」

「だけどある時、これから子供たちがどうなるのか不安だってひたすら1時間くらい彼のお悩みトークが続いた時にね」

「1時間!? うざいわー、その男。いくら昔からの知り合いとはいえ、よく相手してられるわね、真木」

「いや、さすがに黙って聞いてはいられなくて、『私たちが子供の頃と比べたら、今の方が選択肢は増えているように思うから、お子さんたちが自分なりの幸せな道を、たくさんある選択肢の中から選べたらいいよね』ってつい言っちゃったの。本当にそう思ったからなんだけど」

「それ、何か問題ある? 特に悪意は感じないけど」

「悪意はなかったけど、イラッとさせたみたい。急に、お前に親の気持ちの何がわかるんだ、俺と嫁がどれだけ悩んでると思ってるんだー!ってキレられちゃって。お前や俺が歩んできた、いわゆる普通の、みんなと同じようようにガッコいって名のある会社入って仕事して稼いで……っていう普通の道から自分の子供は外れるかもしれないってことが、外れたらどうなるのかわからない親の不安がどれくらいのものか、この歳で独り身のお前なんかにわかるかよ!って」

「うわ、その男、まじ最低。じゃ嫁以外に話すなよって言ってやれ。黙って話聞いてうなずいてくれて、お気に召す相槌だけ返してほしいなんて、勝手過ぎでしょ。あたしなら、そんなサービス望むなら、それに見合う金払えって思っちゃう。いや、言っちゃうな」

「まあ女はね、こうやって仲良しと会って、仕事からプライベートまで、割となんでも話せたりもするじゃない? だけど男の人は親しい仲間で集まって飲んでも、そこまで個人的な話や事情や思いをさらさないのかもなって思うと、ちょうどいい吐き出し口が無いんだろうなーって、理解はできるから」

「甘いなー、どこまでも男に甘いわ、真木は」

「だけど私、カウンセラーじゃないからね」

「そりゃそうよ。で、どうしたの? まさか謝ったの? ごめんなさいとか、謝って無いでしょうね」

「『お子さんの写真見せてくれる?』って話を変えた」

「なんで? その話の流れで、見たくなる?」

「いや、どんなタイミングでもね、お子さんの写真見せてっていって、見せない男の人っていないんだよね。で、『うわ、かっわいいねー!似てるねー!』って、大きめにリアクションすると、大体機嫌よくなるから」

「真木はほんとに元トップ営業だな。面倒くさい輩のあしらい方がそつなさすぎる……でも、だから出来るキャバ嬢のようなおもてなしを期待されちゃうんじゃないの?」

「いや、嘘言うわけじゃなくて、子供って大体可愛いから話盛り上がるんだよ。褒められて嫌な気分になる親っていないし」

「でも、たまにどう見ても可愛いとは言いづらい子供だって、正直いるでしょ。そういう時はどうするの? さすがの真木も嘘ついて無理やり褒めるの?」

「思ってないこと言ってもそれはばれるよ。そういう時は、子供はどこかしら親に似てるから、似てるとこ見つけて、眉毛が似てるねーとか、鼻の感じがそっくりだねーってそのまま言うと、嫌な顔はされないね」

「覚えておきます」

「でね、そのキレた彼っていうのがね、機嫌が直ると今度は隙あらば手を握ってこようとしたり、膝に手を置いてこようとしたり、キスしようとしてくるんだけど、そういうとこがせこいなあというか、即座にずるさを感じちゃうわけ。わかりやすく、やらしい男のずるさをね。だからこそ、この歳では、そういう既婚男性と絶対におかしなことにはなりません、って話でした」

「わかるわー。あなたつい数分前まで、子供と嫁の話をその口で得意げになさってましたよね?それはどこいった?みたいなね。そういう奴は、愚痴もHも、なんでも嫁とだけしろ嫁と、って話だよね。ねえ? 須藤さん」

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

12月15日配信開始予定

What's New

Feature

Ranking