初めて好きになった人と、初結婚、初妊娠、初育児を一緒に体験できるしあわせ【小説・じゃない側の女 番外編~恥じらいを忘れない側の女 Vol.6】

2018年12月6日
【連載第6回】好む好まざるにかかわらず「じゃない側」からはそう簡単に抜け出せない。すべてのアラフォー女性に送るWEB連載小説の番外編『恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)』
版権:Rawpixel.com/Shutterstock.com
「だから私、夫以外の男の人、例えばパート先の店長さんと一緒にお昼に出る時になんて、一層このマークぶらさげて歩くのがイヤで……」

「なんで?」

「その人とそういうことしてるなんて、絶対に思われたくないから」

「うわ、店長さん泣くわー、それ聞いたら」

「だ、だって、結構なおじいさんだし……」

「だったらなおのこと、誰もそんな変な勘ぐりしないでしょ。大体、須藤さん、店長さんと腕組んで歩いたりしないでしょ?」

「もちろんそんなことしないけど、男女がペアで歩いてたら、そういう関係だと思う人もいるかもしれないでしょ? 私、誤解されるのだけは絶対イヤで……」

「ねえ、須藤さんって大学どこだったっけ?」

「女子大の最高峰だよね」

谷原さんの質問に、私に代わって真木ちゃんが答える。

「旦那は?」

「東大です」

「やっぱり偏差値と、人としての常識力は、必ずしも相関関係ないなって思うよねー、こういう珍妙な発言きくと」

谷原さんが、結花ちゃんと真木ちゃんの方を向いてそう言うと、二人は苦笑しながら、うなずいていた。

珍妙……。変なのかな? 私。でも恥ずかしいものは恥ずかしいんだから仕方ない。

「ちなみに須藤さん、旦那とは大学のインカレサークルで出会ったとか?」

「まあそんな感じ、です」

「で、そのまま早めに結婚ってわけか。っぽいなー。でも何のインカレ? 須藤さんがテニスサークルって感じもしないよね」

「モギコクレン」

「モギコクレン?何それ。キンモクセイみたいな」

「だから、模擬国連」

「うわ、ますます須藤さんっぽい! ちなみに初めての彼?」

「うん、そう。初恋の人」

「はーっ! 初恋の人が初体験のお相手で、初結婚のお相手で、初妊娠のお相手か」

「うん、そう」

「幸せな人もいるもんだなあ。ねえ須藤さん、いろいろびっくりしちゃって、まだちゃんと言ってなかったけど、ほんと、おめでとう。よかったよ、そのモギコクレン時代からずっと大好きな人とのお子さんが出来て」

谷原さんに、まっすぐ目を見てしっかり“おめでとう”と言われ、なんだか泣きそうになった私に、真木ちゃんが氷抜きのミネラルウォーターを入れてくれて、隣の結花ちゃんがそのグラスをそっと持たせてくれた。

「初性病は、まあなくてもいい体験だったかもしれないけど、それ含めて今までたくさんの初めてを、初めて好きになった人とずっと一緒に経験してきたんでしょ。で、次は初めての子育て。好きな人とまた新しい初体験できるって、いいね、ほんと楽しみだね」

こんな話をした私に、まっすぐに「楽しみだね」なんて、こんな満面の笑みで言ってくれる人たちがいる。

なんだろ……泣ける。

「じゃあ、須藤さんに乾杯! おめでとー」

結花ちゃんと谷原さん、真木ちゃん3人そろってチンという綺麗な音を響かせて、私のミネラルウォーターグラスを囲んでくれた。

確かに、今回、彼からうつされてしまった病気は、経験しないで済むならしなくてもいい経験だったかもしれない。でもその後、彼は自分の行動をものすごく後悔して、これまで以上に私の心身をそれはそれは大事にしてくれるようになった。夫婦の営みも、明らかに何かが変わったように思う。今から思えば、その出来事を経ての妊娠だったようにすら思う。

あまりに月並み過ぎて口にしづらいけれど、人生無駄な経験はない、というのはきっと本当だ。いや、無駄ではなかったと思えるような出来事にするのも、出来るのもまた自分であり、自分と彼なんだと、今心から素直に思えている私がいることが、しみじみと嬉しい。

■じゃない側の女番外編記事一覧

■汗が止まらない側の女(Side真木)

【Vol.1】最近、頭もワキも汗ダクダク。色の薄いグレースーツの日なんてもう!

【Vol.2】汗を吸ったインナーのあたりが…。もしかして更年期、関係あります?

【Vol.3】再びの独り身。気づけばお惣菜にカップラーメン、冷凍食品で生き延びる日々

【Vol.4】離婚とは、噂以上に気力体力ともに消耗するものなのですね…

全10話を読む >


■酸化に負けない側の女(Side理沙)

【Vol.1】「してもらうこと」を当たり前としない女と「してもらうこと」に恐縮しない女

【Vol.2】言えない。家中の食器使いきるまでシンクに洗い物をためてしまう、なんてこと

【Vol.3】「流れに身を任せて生きる」と「無気力 / 怠惰 / 無責任」は違うのに

【Vol.4】歯のホワイトニングとブラジリアンワックス、やるならどっち先?

全12話を読む >


■現役をおりない側の女(Side結花)

【Vol.1】仕事と育児に追われる分「それ以外のこと」を激しく欲することがある

【Vol.2】50歳になっても60歳になっても絶賛恋愛中!…は、素敵です

【Vol.3】イロコイは、良い恋とか悪い恋とか言える類のものじゃない?

【Vol.4】別れた旦那からの連絡に、思わず“チッ”と毒づきました…

全11話を読む >


■恥じらいを忘れない側の女(Side慶子)

【Vol.1】思わずこらえていたものがこみあげて、無意識に両目からツーっと涙が…

【Vol.2】いくつになっても学ぶことがあるのが人生ってもので

【Vol.3】私がおかしいのか、旦那がおかしいのか、何がおかしくて、おかしくないのか

【Vol.4】生まれてこのかた経験したことがないことがわが身に起きて、ひそかにパニック…

全8話を読む >

■ご機嫌悪くない側の女(Side結花)

12月15日配信開始予定

What's New

Feature

Ranking